ν(ニュー)龍覇(りゅうは) メタルアベンジャー R(リベンジ) [編集]

ν・龍覇 メタルアベンジャー R UC 水文明 (7)
クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン/リキッド・ピープル閃/ドラグナー 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト3以下のドラグハートを1枚、またはコスト5以下の水のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。
W・ブレイカー

DMR-16極で登場したクリスタル・コマンド・ドラゴン/リキッド・ピープル閃/ドラグナー

《龍覇 メタルアベンジャー》から変化した《龍覇 M・A・S》が更に変化した姿である。
コスト3以下のドラグハートまたはコスト5以下の水のドラグハートを呼び出すcipと、カードを1枚ドローするcipを持つ。

主な呼び出し先となるのは、やはり同弾に収録された《超龍素要塞 エビデシュタイン》だろう。呪文を唱えるコストを軽減する効果と、ドローによって手札を減らさない自身の能力がシナジーしている。
先代でも呼び出すことは可能だが、強力な置きドローであり龍解後はこのクリーチャーもブロックされなくなる《龍波動空母 エビデゴラス》や、自身のcipと合わせて2枚ドローができる《真理銃 エビデンス》ももちろん候補になるだろう。

パワー6000というのは革命編環境から革命ファイナル環境で言えば《革命の鉄拳》で比較的容易に除去され、双極篇環境以降で言えば《“轟轟轟”ブランド》火力にすっぽり収まるラインであり、除去しようと思えば簡単に除去できてしまう。だが、《ドンジャングルS7》によるコスト踏み倒し範囲内でもあるので器用に動きやすく、仮にコスト踏み倒しメタによって《ドンジャングルS7》からの踏み倒しが阻害されても、ドラグハートを残すことでアドバンテージを稼げるので出落ちになりにくい。

種族クリスタル・コマンド・ドラゴンが追加されたことで、《龍素解析》《龍素開放》によってコスト踏み倒しで出すことができるなど、サポートを受けやすくなった点も見逃せない。リキッド・ピープルでもあることから、《龍素開放》とは特によく噛み合っている。【カイザー「刃鬼」】で考えるとドラゴンであり《不敗のダイハード・リュウセイ》のサポートを受けられることが大きく、場合によっては1コスト重いことを考慮しても《龍覇 M・A・S》と入れ替える価値がある。

  • 一応《龍脈空船 トンナンシャーペ》を直接呼び出すことが可能な唯一のドラグナーでもあるが、条件さえ満たしていればウエポンからでもすぐに龍解できるため、わざわざこのクリーチャーを使って呼び出す旨味はあまりないだろう。強いて出すならデッキにこのクリーチャーの他にドラグナーがいない時か。
  • 唯一カード名が漢字から始まらないドラグナーでもある。
  • v(ラテン文字「ブイ」)ではなくν(ギリシア文字「ニュー」)である。各ガンダムパロディの存在から「νガンダム」も由来の一つではないかと思われる。

サイクル [編集]

DMR-16極のドラグナーサイクル。
いずれもcipで、コスト3以下のドラグハート1枚(グレンモルトのみコスト3以下のドラグハート・フォートレスを2枚まで)か、同じ文明のコスト5のドラグハート1枚を呼び出すことができる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]