《“E-闘(イート)”ララッタ》 [編集]

“E-闘”ララッタ C 火文明 (3)
クリーチャー:ビートジョッキー 1000+
G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、このクリーチャーに「パワー・アタッカー+5000 」と「W・ブレイカー」を与える。

DMRP-06で登場したビートジョッキー

G・G・Gにより自分の手札が1枚以下ならパワーアタッカー+5000とW・ブレイカーを得る。

通常は淡白なスペックであるが、G・G・Gが発動していれば3コストW・ブレイカーに変貌する。攻撃時のパワーも6000まで跳ね上がるため、殴り返しにも利用できる。ただし自身も殴り返しに弱い。

だがG・G・Gの発動を前提とするなら、同じくDMRP-06で登場した《轟車 “G-突”》と比べてコストが1重いうえに攻撃時のパワーは互角、素のパワーも3000低く下位互換に近いという非常に不遇なクリーチャーでもある。
《轟車 “G-突”》とは違い攻撃すること自体に制限はつかないと言う利点もあるが、G・G・Gを発動しない状態では3コスト3000バニラに劣るため、あえてこちらを採用する意味はほとんどないと言える。

  • カードイラストにはチーズをフォークで刺して両手に持って頭の炎でそれを溶かしている炎ネズミの姿が描かれている。何となくチーズフォンデュをモチーフにしたクリーチャーであることは窺える。
    • それを踏まえると、《“E-闘”》というネーミングは「イート」→「eat」→「食べる」という意味であると推測できる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-06
    ゴゴゴ・ロケットの開発を手伝う為、手先の器用なチュリス達がブランドの元を訪れた。彼らは、お互いをララッタと愛称で呼んだ。

収録セット [編集]

参考 [編集]