《「世界(せかい)をつなぐ(はしら)」の天罰(てんばつ) [編集]

「世界をつなぐ柱」の天罰 R 水文明 (2)
呪文
スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文にS能力を与える)
タップしていない自分のクリーチャーを1体、手札に戻す。その後、相手は自身のタップしていないクリーチャーを1体選び、手札に戻す。
S−クリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。

DMRP-02で登場した呪文

タップしていない自分のクリーチャー1体と敵のタップしていないクリーチャーを1体選び、バウンスによる選ばせ除去を行う。スーパー・S・トリガーが発動すれば、クリーチャーをすべてバウンスする能力を持つ。

最初の能力は、要するに自分と相手、お互いにアンタップ状態のクリーチャーを1体づつ選んでバウンスさせるというもの。「その後」とあるので、実際に自分がクリーチャーバウンスしたかは、相手のクリーチャーバウンスには関係ない。
つまり、自分のクリーチャーが1体もいない状態でこの呪文を唱えれば、相手クリーチャーだけをバウンスさせる事ができる。中々不器用な呪文なので、使うにあたっての重要なテクニックとなるだろう。単なる選ばせバウンスを行うなら、自分の頭数を減らすデメリットの無い《夏の日スパイラル》の方が適任。

相手のクリーチャー除去して相手への妨害を図る、というよりは自分のクリーチャーを手軽に戻せる呪文と考えた方が良い場合もある。つまり、cipの再利用である。いわゆるループデッキにおいて《連弾スパイラル》《ハイドロ・コミューン》がそういった意図で多く使われているが、これはそれらよりも軽い2コストである。

環境において [編集]

新章デュエル・マスターズ環境では【赤青レッドゾーン】において好みに合わせて使われる程度であった。
環境で猛威を振るっていた《異端流し オニカマス》除去しつつ、自分のソニック・コマンドを手札に戻して侵略で再展開し、封印を一気にはがすため採用された。スーパー・ボーナスによるリセットも、【レッドゾーン】なら再侵略に利用できる。

超天篇環境【カリヤドネループ】の自軍クリーチャー再利用手段として採用されるケースが見られるようになった。

サイクル [編集]

DMRP-02で登場したスーパー・S・トリガー呪文サイクル

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]