《「修羅(しゅら)」の(おに) アシュラ天狗(てんぐ) [編集]

「修羅」の鬼 アシュラ天狗 SR 闇/火文明 (6)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 7000
ブロッカー
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドを1つ、手札に加えてもよい。ただし、その「S・トリガー」は使えない。このようにしてシールドを手札に加えたら、相手のクリーチャーを1体破壊する。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下で、自分のターンなら、このクリーチャーは破壊されない。

DMEX-14で登場した/デモニオ/鬼札王国

ブロッカースピードアタッカーW・ブレイカーという基本能力に、cipシールド回収と引き換えに確定除去し、鬼タイムで自分のターン破壊されない能力を持つ。

主に《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》《鬼ヶ鬼 ジャオウガ》のサポートとなるカードだろう。
《鬼寄せの術》から4ターン目にこのクリーチャーをバトルゾーンに出し、シールド回収しつつ、相手のブロッカーを破壊してW・ブレイクを決めれば互いにシールド3枚の状況となり、鬼タイムが発動する。
そして次のターンで《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》の全体除去とT・ブレイク → 破壊されなかったこのクリーチャーの攻撃でダイレクトアタックが成立する。

《鬼ヶ鬼 ジャオウガ》の場合でも、墓地に他のスピードアタッカーが落ちていれば同様。
無論、このクリーチャーだけでなく《「貪」の鬼 バクロ法師》とも合わせれば5ターン目でトドメまでの流れをかなり安定させられる。

また、スピードアタッカーが付いた6コスト多色クリーチャーという点から《蒼き守護神 ドギラゴン閃》との相性もよい。
そちらの警戒付与により攻撃に参加した返しの相手のターン中ブロッカーとして使用することが可能である。さらに闇/火のクリーチャーなので《百鬼の邪王門》でのリアニメイトにも引っ掛かる。以上のことから的にも【赤黒ドギラゴン閃】に良さそうな1枚である。ミラーマッチの《ボルシャック・ドギラゴン》にも破壊耐性により強気に出ることができ、相手が同様に破壊耐性のあるこのカードを使った場合であっても《百鬼の邪王門》などで出してブロッカーで応戦できる。

しかし、《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガーで進化元として捲れた場合は何の効果も発揮しない。ブロッカーも鬼タイムも進化すれば無意味で、革命0トリガーを使えるなら自分のシールドが0であるはずなので、cip確定除去も不発に終わる。さらに、相手のターン中はブロッカーを持つと言っても、同コストには防御札としてはもっと強力なクリーチャーが沢山いる。

【赤黒ドギラゴン閃】でも《バサラ》《「影斬」の鬼 ドクガン竜》《メッチャ無敵なじーさん》といったライバルが多数。

また、《鬼ヶ大王 ジャオウガ》でシールドを全回収した後だと、このクリーチャーによる確定除去は使えないのも注意。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]