《「大蛇(おろち)」の(おに) ジャドク(まる) [編集]

「大蛇」の鬼 ジャドク丸 VR 闇文明 (3)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドを1つ手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。その後、相手のアンタップしているクリーチャーを1体破壊する。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーのパワーを+4000し、「W・ブレイカー」を与える。

DMRP-14で登場したデモニオ/鬼札王国

cipで1枚シールド回収を行い、《デス・スモーク》を放つ。鬼タイム時はパワー6000のW・ブレイカーへと強化される。

《福腹人形コダマンマ》シールド回収を行うカードと同様の仕事をこなしつつ除去を放てるのは非常に強力。除去の対象はアンタップ状態限定であるが、邪魔なメタクリーチャーブロッカーなどが主な狙い目なので問題はないだろう。
3コストでありながら鬼タイムが発動すると一気に打点が強化されるので、攻撃力も申し分ない。

タップインを仕掛ける《「非道」の鬼 ゴウケン齋》とは能力上アンチシナジーだが、コスト的にこちらが先に出ることになることが多いので、決して同じデッキに入らないわけではない。

《福腹人形コダマンマ》らから1コスト増えただけで劇的に性能が強化されているあたり、現代デュエマの1ターンの重さがよくわかるだろう。

環境において [編集]

登場から【赤黒バクロ法師】でこれを採用した型が何度と無くチャンピオンシップ4位以内入賞が報告されるなど、結果を残している。

DMRP-17が発売されて約3週間が経過した頃、【4色ヴァイカー】でのチャンピオンシップ優勝が報告された。《BUNBUN・ヴァイカー》を使った総攻撃を行っている内に比較的簡単に鬼タイムを達成でき、しばしばワンショットが途切れずに済むようにしてくれるのがこのカードの強み。

その他 [編集]

  • 元ネタは「児雷也豪傑譚」に登場する児雷也の宿敵「大蛇丸」だろう。

背景ストーリーでの活躍 [編集]

を連れて帰ろうとする《モモキング》の前に《ジライヤ齋》と共に現れた。毒で《モモキング》を追い詰めていったがとどめを刺そうと不用意に近づいた瞬間、《モモキング》の投げた刀が頭に刺さり死亡した。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]