《「影斬(かげきり)」の(おに) ドクガン(りゅう) [編集]

「影斬」の鬼 ドクガン竜 SR 闇/火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/鬼札王国 6000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-5000する。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、自分のクリーチャーすべてに「ブロッカー」と「スレイヤー」を与える。

DMRP-13で登場した/アーマード・ドラゴン/鬼札王国

スピードアタッカーのW・ブレイカーで、攻撃時-5000のパワー低下を与える。
鬼タイムが発動しなくても殴り返しやシステムクリーチャーの除去を行えるのは嬉しい。

鬼タイム能力は自分クリーチャー全てにブロッカースレイヤーを付与するシンプルながら強力な能力。
攻めている場面ではスレイヤー化により殴り返しを躊躇させ、攻められている場面ではブロッカー化による守りの強化と、シールド総数が減ることが条件の鬼タイムと相性が良い。ただしこのクリーチャー自体は特別場持ちがよいわけではないので、できるだけ味方クリーチャーを用意しておきたい。

堅実だが、派手に盤面を塗り替える能力では無かった為、当初の評価は低かったが《百鬼の邪王門》の登場で一変。
彼方によって殆どの場面で鬼タイムを発動させつつ、コスト踏み倒し出来る様になったので非常に使いやすくなった。
スピードアタッカーなので即攻撃に参加できるのも嬉しい。

  • 名前の由来は、隻眼の傑物を表す称号の「独眼竜」。戦国武将・伊達政宗の異名として知られる。
  • デモニオではないが、選ばれしデモニオが名乗れるとされる「鬼」を名前に持つ。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]