《「(われ)」の(きわみ) エゴイスト》 [編集]

「我」の極 エゴイスト P 無色 (13)
進化クリーチャー:アンノウン/ゼニス 44444
オレ進化―自分の手を手のひらを下にしてゲーム台の上に置き、その上にこのクリーチャーを置く。その手がゲーム台を離れた時、または、このカードがゲーム台に直接触れた時、このカードを手札に戻す。
各ターン、このクリーチャーがはじめてタップした時、アンタップする。
エイジ・ブレイカー(このクリーチャーは、自分の年齢の10の位の数字の数、シールドをブレイクする)
エターナル・Ω(このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに手札に戻す)

DMX-22で登場した無色アンノウン/ゼニス

オレ進化という特殊な方法で出すクリーチャー
早い話が進化元のいらない進化といったところであり、重量級スピードアタッカーのような感覚で使える。

また、《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》のようなアンタップ能力と、エイジ・ブレイカーという大量ブレイク能力を持つので、うまく出せれば相手のシールドを一気に叩き割ることが可能。

注目する能力は自分の年齢によりシールドブレイク数が変動する、エイジ・ブレイカー。若干、わかりにくいが「10の位」であるので10代なら1枚、20代なら2枚ということになる。

(ほとんど存在しないであろうが)50〜90代の高齢プレイヤーブレイク数が5〜9枚と、ほぼワールド・ブレイカーになるのでアンタップ能力と合わせると1ターンでダイレクトアタックまでもっていける。そこまでの年齢でなくても20代なら実質Q・ブレイカーまで化ける。

欠点は進化元が不要とはいえ13マナというコストの高さ。その点については、種族アンノウンゼニスを併せ持つため《極頂秘伝ゼニス・シンフォニー》によるコスト踏み倒しである程度補うことが出来る。

最も気を付けるべきなのは、手を下手に動かすと相手が何もしてないのに手札に戻ってしまうことだろう。
尚、このクリーチャー2体出すと両手が塞がってしまうので事実上1体しか出せない。もし出したとしてもその場合、口などでしかカードを動かせない。そのような状況に陥ってしまった場合、ジャッジに判断を仰いでくれとのこと。(2016/01/30 事務局確認済み)

また、手から落とせば任意のタイミングで手札に戻れるので、置換効果除去を回避するという使い方もできる。

総合的に見ると、他のゼニスの方が年齢に関係なく安定してシールドブレイクでき、勝利に直結するような能力を持つものも多い。ジョークカードらしく面白い使い方をしていきたい。

  • デュエマプレイヤーである小学生は、年齢が10代前後なので最低シールドブレイク数が0〜2枚という何とも言えない悲しいことになる。年齢の重みの違いがものを言わせるということか。
    • しかし年を取りすぎて100歳を超えると、再び0枚ブレイクに逆戻りしてしまう点は注意。年齢の重みがありすぎても駄目なのである。
    • 年齢が10代前後のプレイヤーが本気でこのカードを使用するつもりなら、何らの手段でブレイク数を増やす必要がある。このカードが無色なので、《破界秘伝ナッシング・ゼロ》とも相性がいい。
    • 同じく文章通りの処理だと0枚になりうる文明ブレイカーでは、たとえマナゾーンに文明がひとつもない場合でもシールドを1枚ブレイクできる裁定になっているので注意。
  • テキストでは「本当」という年齢の指定はないが、裁定では実年齢での判断であるので例えば「17歳」など本当の年齢を詐称、精神年齢や見た目年齢、脳年齢等でブレイク数を増減させる事は出来ない。無用なトラブルやマナーを考えて、もし見知らぬ相手や大会でこのカードを使うようなことがあれば最低限、年齢を証明できるもの(免許証、学生証、保険証など)を持参したほうがいいだろう。
    • デュエル・マスターズ競技イベント運営ルールの2.13「ゲームで使用できるもの」において 「競技イベントでは通常、プレイヤーはゲーム開始前に、使用するデッキと超次元ゾーンに置くゲーム用カード、およびプレイマット以外も机上から取り除かなければならない。また、ゲーム中に机上にないものを使用することはできない」と定められている。競技性の高い大会で身分証明書を机上に置くことは事実上できないため、トラブル防止のため殆どのチャンピオンシップでは使用禁止となっている。
  • 「エゴイスト」は「利己主義者」の意。ゼニスの命名ルールから考えるに日本の音楽グループ「EGOIST」ともかけられていると思われる。パワーは「私(し)」からとったのだろうか。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]

公式Q&A [編集]

Q.プレイマットを敷いてプレイしています。ゲーム台に触れるとき、そのプレイマットをはずさなければいけませんか?
A.いいえ。現状プレイしている面をゲーム台とみなします。

Q.手がゲーム台を離れたとはどの時点で判断しますか?
A.5本の指が1本でもゲーム台を離れた時です。

Q.9歳では何枚シールドをブレイクできますか?
A.10の位を参照するので0枚です。端数は切り捨てます。