《「戒律の大弓(ジャッジメント・バリスタ)」》 [編集]

「戒律の大弓」 UC 光文明 (2)
クリーチャー:メタリカ/チーム銀河 3000
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーは、火のクリーチャーとバトル中、破壊されない。
相手のコスト4以下のクリーチャーが、手札以外のどこからでもバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置いてもよい。

DMEX-11にて登場したメタリカ/チーム銀河

文明によくいる2マナ3000のブロッカーに、大量の能力を盛りつけた様なスペック。

シールド追加GRクリーチャーメタとして設定された様な能力。《U・S・A・BRELLA》と似たようなメタ能力である。他のメタ先にはJチェンジギャラクシールドが考えられる。
しかし、シールドを割らず無限ループで勝利する【ドッカンデイヤー】【ヨミジループ】のメタとしてはあまり役に立たない。
メタとして役立ちそうなのは【バーンメアジョーカーズ】【“B-我”ライザ】【赤白GR】といった殴って勝つデッキだろう。《U・S・A・BRELLA》より1コスト軽いのはビートデッキへのメタと考えれば非常に優秀。小型ブロッカーなので腐りにくいのも嬉しい。

また、何よりのポイントはのクリーチャー限定であるがバトルで破壊されない効果。《U・S・A・BRELLA》は効果バトルに弱いので、上述のデッキ相手では《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》《“必駆”蛮触礼亞》で除去されてしまうシーンが多かった。
ただし、cipによる火力などバトル以外の要因による破壊は受け付ける。アンタッチャブルなども持たないので小型呪文で簡単に除去されてしまうこともあるだろう。

  • 相手のクリーチャーを無理やりバトルゾーンに出す手段を使い、《光霊姫アレフティナ》と組んでエクストラウィンを狙う手段もあるが、必ずしも相手がコスト4以下のクリーチャーをデッキに入れている訳では無いので安定しないだろう。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《生命と大地と轟破の決断》の「コスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。」を2回使って、《ナグナグ・チュリス》と、その上に重ねて《デュエにゃん皇帝》を出しました。《ナグナグ・チュリス》の「バトルゾーンに出た時」の能力を使い、進化した《デュエにゃん皇帝》と相手の《「戒律の大弓」》をバトルさせる場合、破壊することはできますか?
A.はい、「バトルする」という効果を生成したのは火文明の《ナグナグ・チュリス》ですが、実際にバトルするのは闇文明の《デュエにゃん皇帝》ですので、バトルの結果として《「戒律の大弓」》は破壊されます。
引用元