《「新時代の福音(ネオンジェネシス・エヴァンジェル)」》 [編集]

「新時代の福音」 SR 光/水文明 (7)
クリーチャー:メタリカ/エンジェル・コマンド/チーム銀河 9500
<ギャラクシールド>[光/水(3)](このカードを使うコストの代わりに、[光/水(3)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを表向きにし、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く)
自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。
W・ブレイカー
誰もターンを追加できない。
自分のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにいずれかのシールドゾーンにある表向きのカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

DMEX-14で登場した/メタリカ/エンジェル・コマンド/チーム銀河

《侵略者 ランドヘッド》に次ぐ二体目の追加ターンメタ能力と、《煌龍 サッヴァーク》と同じ耐性能力を持つ。

《煌龍 サッヴァーク》と違い、このカードは表向きのシールドを自力で用意できない。そのため、除去耐性を使いたいのであればギャラクシールドなどの表向きのシールドを用意できるカードとの併用は必須となる。

追加ターンの獲得を戦略の主軸に置いているデッキに対しては非常に刺さるギャラクシールドギャラクシーGOを使えば最速4ターン目に着地でき、相手の最速《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》にも間に合う。加えて除去耐性を持っているので、相手に除去された上で追加ターンに入られる場面も少なく済むだろう。ギャラクシーGOで出す場合はブレイク着地を妨害されるのが弱点となるが、追加ターンに特化したデッキはゲーム序盤にクリーチャーを出すことが少ないため、ブレイクされることはあまりない。

  • 漫画「デュエル・マスターズキング」でキラコウキ3戦目で使用。

背景ストーリーでの活躍 [編集]

チーム銀河の精鋭集団《十・二・神・騎》の最年少メンバー。
月光王国の2度目の襲撃時に先輩の「伝承の語り部」と「火玉の祈り手」励まされている
その後、《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》の衝撃波から他の十二神騎によって守られ、唯一の生き残りとなった。

その他 [編集]

  • カード名の「新時代」の読みは、「ネオジェネシス」ではなく「ネオジェネシス」である。「福音」の読みも併せて、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の英語表記「NEON GENESIS EVANGELION」を意識していると思われる。
    • 偶然か必然か、《煌龍 サッヴァーク》も「新世紀エヴァンゲリオン」をモチーフにしている可能性がある。詳細は該当ページにて。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]