《「時空(じくう)さえも()()けろ!」》 [編集]

「時空さえも突き抜けろ!」 UC 火文明 (4)
呪文:美孔麗王国
<ビビッドロー>[火(3)](自分のターン中、攻撃の前にこの呪文をドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこの呪文を[火(3)]支払ってとなえてもよい)
コスト4以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。このターン、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)

DMRP-16で登場した美孔麗王国呪文

コスト4以下を踏み倒しスピードアタッカー与えるビビッドロー3。

ビビッドローを抜きにすれば、4コストで4コスト以下のクリーチャーの踏み倒しを行っているため、《ヘブンズ・フォース》のような早出しには適していない。
スピードアタッカー付与も考慮すると、ライバルは《キリモミ・ヤマアラシ》《イーヴィル・フォース》か。

単純に汎用性の差で言うならば、5コスト以上のクリーチャーにも使える《キリモミ・ヤマアラシ》の方が便利である。
差別化するならば、《キリモミ・ヤマアラシ》と異なり踏み倒しであることを活かすべきだろう。
攻撃ステップ中や相手ターン中など、クリーチャーを召喚できないタイミングで唱えることで、《キリモミ・ヤマアラシ》にはできないコンボが可能になる。
《不夜城艦 クランヴィア》《魔軸の鎖 カメカメン》など、攻撃時に呪文を唱える能力との組み合わせはこちらでなければできない。

基本的に4コスト以下のクリーチャーしか踏み倒さず、デッキ単位での色管理が難しかった【クランヴィアデリート】では、ビビッドロー抜きでもこちらを採用できる。

いっそのこと《キリモミ・ヤマアラシ》と共に単色のスピードアタッカー化手段8枚体制とするのも悪くはない。

4コストJチェンジ6持ちと組み合わせるなら【バーンメアジョーカーズ】にも悪くない。《無限合体 ダンダルダBB》という呪文を活かす手段があるので、終盤の展開札としても利用できる。

《イーヴィル・フォース》とは文明指定とターン終了時の破壊がない点で差別化可能。先述の《不夜城艦 クランヴィア》などは、こちらでのみ踏み倒せる。

大きく差別化を図るなら、やはりビビッドロー能力を使って、4コストのクリーチャーを1ターン早く使える点を利用したい。ビビッドロー3なので、《ブレイン・ブック》《ブレイン・ストーム》からきれいに繋げられる。【連ドラグナー】では《ブレイン・ストーム》でこのカードと踏み倒したいドラゴンデッキトップに置けば、次のターン《爆熱剣 バトライ刃》での踏み倒しを狙える。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 特に《ヘブンズ・フォース》は、正にこのカードの発売と同日に、プレミアム殿堂となった。
[2] フレーバーテキストは「新たな正義を、その身に宿し」