《「正義星帝(スティルジャスティス・ティルジエンド)」 <鬼羅(きら).Star(スター)>》 [編集]

「正義星帝」 <鬼羅.Star> SR 光文明 (5)
スター進化クリーチャー:メタリカ/ヒューマノイド/レクスターズ 8500
スター進化:レクスターズまたは光のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時または攻撃する時、カードを1枚引く。その後、コスト4以下のクリーチャーを1体、自分の手札から出してもよい。
自分のコスト4以下のクリーチャーはすべて「ブロッカー」を得、自分のターンの終わりにアンタップする。

DMRP-17で登場したメタリカ/ヒューマノイド/レクスターズスター進化クリーチャー

コスト4のクリーチャーを踏み倒しと、「ブロッカー能力警戒効果付与を行うことができる。

クリーチャーコスト踏み倒し部分は《裁キノ聖堂 ラ・ファミリエ》を少し調整したようなものとなっている。

召喚酔いしない進化クリーチャーなので、cipアタックトリガーで最大2体踏み倒すことができる。

3ターン目に《「正義星帝」》召喚して、4ターン目に《「正義星帝」》のコスト軽減を利用してこのクリーチャーを召喚するという、デザイナーズコンボになっている。

コスト4以下のニンジャ・ストライク持ちを疑似的な《光牙忍ハヤブサマル》に替えることもできる。

メタリカシナジーを活かして【メタリカサザン】に入れるのも悪くはない。ただ、5コストと中途半端に重いため、《一番隊 クリスタ》が3体以上並んだケースなど軌道に乗った時にオマケのように出すのが賢明か。デッキの主軸とするには案外頭を使う1枚である。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

環境において [編集]

予てより期待されていた【可憐メタビート】シナジー要素を取り込み、このクリーチャーを主軸にしたデッキがパックの発売から間もなくオリジナルを中心にチャンピオンシップで次々に結果を残しており、このカードの持つポテンシャルの高さをプレイヤーに見せつける事となった。程無くして《その子供、可憐につき》をカットしつつ基盤を維持した【鬼羅.Star】が成立し、こちらも結果を残した。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DMRP-17で登場したベリーレアスーパーレアでセットになっているスター進化サイクル
《「正義星帝」》《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》
《ネ申・マニフェスト》《マニフェスト <マルコ.Star>》
《虚∞龍 ゲンムエンペラー》《ゲンムエンペラー <デスザ.Star>》
《大爆龍 ダイナボルト》《ダイナボルト <エタフェニ.Star>》
自然《モモスター ケントナーク》《ケントナーク <ディルガ.Star>》

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]