《「王宮の処罰者(ロイヤルパレス・パニッシャー)」》 [編集]

「王宮の処罰者」 SR 光文明 (7)
クリーチャー:メタリカ/チーム銀河 8000
<ギャラクシールド>[光(5)](このカードを使うコストの代わりに、[光(5)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを表向きにし、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く)
自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにカードを1枚、自分のシールドゾーンから墓地に置いてもよい。
手札に加える自分の表向きのシールドカードすべてに「S・トリガー」を与える。

DMRP-14で登場したメタリカ/チーム銀河

バトルゾーンを離れる際、シールドカード1枚を墓地に送ることでとどまる置換効果と、表向きのシールドカードS・トリガー化させる付与効果を持つ。

《「正義帝」》と違って、S・トリガー化するのは表向きのカードだけ。しかし自分のターンでも発揮されるので暴発向き。

置換効果墓地送りになるカードは1枚とあるため、シールド・プラスなどによって2枚以上で構成されるシールドを選ぶ場合、その中の1枚を墓地送りにする。
ただ、チーム銀河は能動的にシールドを増やすことができるとはいえ、シールドを墓地に送るというのは正直リスクが高い。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.バトルゾーンに自分の《「王宮の処罰者」》がいる状況で、自分のシールドゾーンに表向きで置かれた《凄惨なる牙 パラノーマル》がブレイクされました。
この時、《凄惨なる牙 パラノーマル》は「S・トリガー」を得ているので、バトルゾーンに出せますか?
A.いいえ、バトルゾーンには出せず、墓地に置かれます。
離れることが決定した時点で、手札に加える前に「シールド・ゴー」能力の置換効果が解決されます。(総合ルール110.3d)
引用元