《「疾風(しっぷう)」の(おに) フウジン(てん) [編集]

「疾風」の鬼 フウジン天 SR 火文明 (3)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 3000+
自分の他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドを1つ墓地に置いてもよい。そうしたら、そのターン、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーのパワーを+4000し、「W・ブレイカー」を与える。

DMRP-15で登場したデモニオ/鬼札王国

他のクリーチャーcipで自己シールド焼却するとスピードアタッカー付与鬼タイムで4000パンプアップW・ブレイカー付与される。

コストで後続にスピードアタッカー付与するクリーチャーには、既に《その子供、可憐につき》が存在する。こちらは単色で3コスト以下のクリーチャーも対象にとれる。

自分のシールドを代償にするデメリットは、鬼タイムオシオキムーン発動の手助けとして有効活用していきたい。

「自分のターン中」とは書かれていないため、相手のターン中にも能力は使える。スピードアタッカー付与する意味はないが、シールド焼却されることで効果が発揮できるカードと組み合わせる時は覚えておきたい。

《ラウド “NYZ” ノイジー》は3ターン目にこのクリーチャー召喚したあと4ターン目にすぐにつながり、《フウジン天》と合わせて4枚のシールドブレイクを行えるため相性が良い。よく運用性で競合する《「貪」の鬼 バクロ法師》とは文明のマナを必要としない点、ブレイク数が安定している点で差別化できるか。《ノイジー》とコンボする《“SNG”シンガー》《“罰怒”ブランド》がともに《フウジン天》のSA付与の恩恵を受けられず相性が悪い点には注意。

《“魔神轟怒”万軍投》も《フウジン天》から綺麗につながるマナカーブを持ち、手軽に打点を揃える手段として優秀。召喚したGRクリーチャーで順次シールドブレイクしていけば簡単に鬼タイム発動までこぎつけられるだろう。

《瞬閃と疾駆と双撃の決断》から同時に踏み倒せるクリーチャーの中では《「大蛇」の鬼 ジャドク丸》《定めの月を待つセイジャ》と特に相性が良い。これらは高いパワーから殴り返し要員としても強力であり、《フウジン天》によって突然スピードアタッカー化することで相手の計算を狂わせる役割も持っている。

  • アニメ「キング」のエンディング「スタート」では鬼札王国の一員として登場。他のクリーチャーが闘争する中、彼だけは闘っている描写がない。本編では鬼札 アバクが使用。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-15
    オレの風の衣を脱がせたいってんなら、もっと熱い風を用意しな! -「疾風」の鬼 フウジン天

収録セット [編集]

参考 [編集]