《「(むさぼり)」の(おに) バクロ法師(ほうし) [編集]

「貪」の鬼 バクロ法師 VR 闇/火文明 (4)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 5000+
スピードアタッカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドを2つ、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーに「パワーアタッカー+7000」と「T・ブレイカー」を与える。

DMRP-13で登場した/デモニオ/鬼札王国

素のスペックcipで2枚シールド回収する4コストパワー5000のスピードアタッカー
鬼タイムを発動すると攻撃中パワー12000のT・ブレイカーに化ける。

本来は《斬斬人形コダマンマ》シールド回収してから適当なスピードアタッカーでビートダウンしつつ、詰めにこのクリーチャーを出すというのが開発陣に想定された使い方か。
しかし、《一撃奪取 トップギア》等でコスト軽減しつつ、相手のシールドを2枚ブレイクしておけば3ターン目の《轟く侵略 レッドゾーン》と同程度の突破力を発揮する。
総じて《ラウド “NYZ” ノイジー》のような手札補充要員であり火力の水増し……というより、ここまで火力が高いと水増しを通り越してそのままフィニッシャーになってしまえる。

しかもマナコストが4なので《奇石 ミクセル》不正メタ能力に対しても強固。マナブーストの無いビートダウンと言えど、《U・S・A・BRELLA》などで時間を稼げば4マナまではすぐである。

一方で《轟く侵略 レッドゾーン》のようにバトルゾーンには影響を及ぼせず、先発のシールドブレイクを阻害するブロッカーには弱い。
素のパワーも高くないので火力殴り返しには気を付けたい。

《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガーからのカウンターを狙う際に強力。ここに《龍装者 バルチュリス》が加われば《ボルシャック・ドギラゴン》と共に逆にこちらが1ショットキルを狙いに行くことができる。ただ、登場時の環境には過剰打点デッキが跋扈しているため、この動きは狙いづらいか。

鬼タイムの発動サポートとともに手札補充もでき、アタッカーにもなるため【赤黒ジャオウガ】などでは必須カードとなり、【赤黒ジャオウガ】自体がこのデッキを主軸とした【赤黒速攻】である【赤黒バクロ法師】に派生したほどである。

《鬼寄せの術》を軸とした黒赤カラー【グレンモルト】にも悪くない。《奇石 ミクセル》が流行する環境では《龍覇 グレンモルト》の6というマナコストですら重く感じることが多いためである。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]