《「陰陽(おんみょう)」の(おに) ヨミノ晴明(せいめい) [編集]

「陰陽」の鬼 ヨミノ晴明 SR 闇/火文明 (6)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 7000
ブロッカー
W・ブレイカー
<鬼タイム>自分のターンのはじめに、自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、コスト5以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。そのターン、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。
このクリーチャーが破壊される時、そのパワーが0より大きければ、かわりに自分の山札の上から5枚を墓地に置く。

DMRP-14で登場した/デモニオ/鬼札王国

鬼タイムが発動すれば毎ターンのはじめに《Mの悪魔龍 リンネビーナス》のようなリアニメイトを行う。
そちらと同じく、進化クリーチャーも出せるので悪用の幅は広い筈。

また、鬼タイム発動の為に他のカードで自分のシールドを減らしても、このクリーチャーがブロッカーなので、不足しがちな防御を補ってくれる。
ブロッカーなので、多少破壊されやすい欠点もあるが、破壊置換効果で山札の上から5枚を墓地に置くことで生き残れる。
しかし、破壊置換効果が強制である点には注意。「パワーが0より大きければ」の一文があるため、パワーを0以下にされて強制ライブラリアウト、といった心配はないが、複数回も破壊をねらわれるとライブラリアウトしてしまう危険があるのは無視できたものではない。

破壊されないので《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》との相性も抜群。この場合、リアニメイト先には同じく破壊耐性を持った《「非道」の鬼 ゴウケン齋》が適任だろう。

総じて強力なシステムクリーチャーだが、十王篇環境で使う場合は高速環境の中で登場が間に合うのかが心配。《リロード・チャージャー》等のチャージャー呪文《鬼寄せの術》で早出しに務めたい。

【5色ドギラゴン剣】で考えると《蒼き団長 ドギラゴン剣》革命チェンジ元にならない上に遅効性であることが痛い。シールド0枚の状況から《百族の長 プチョヘンザ》で盤面を打開して相手を制圧した場合なら繰り返しこのカードの能力を使うことに困らないと言ったところか。

ただ単にクリーチャーを横並びさせるなら総合的には《屍術師インフェルノ・カイザー》で十分な面もあり、あちらは条件さえ満たせば1ターン中に何度でも能力を発動できる。幸い、こちらはコストコスト踏み倒し能力トリガー条件、文明の違い、ブロッカーの有無など差別化要素自体は豊富に備わっている。

  • 由来は平安時代の陰陽師「安倍晴明」。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《「陰陽」の鬼 ヨミノ晴明》が破壊される時、自分の山札が4枚でした。この時、「このクリーチャーが破壊される時」の能力はどうなりますか?
A.能力は使えず、《「陰陽」の鬼 ヨミノ晴明》は破壊されます。この能力は置換能力ですので、「かわりに」の後に書かれている「自分の山札の上から5枚を墓地に置く」が実行できない場合、使うことができません。(総合ルール609.4.)
引用元