《「非道(ひどう)」の(おに) ゴウケン(さい) [編集]

「非道」の鬼 ゴウケン齋 SR 闇文明 (5)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに自分の手札を1枚捨ててもよい。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、相手のクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。

DMRP-13で登場したデモニオ/鬼札王国

パワー6000というサイズに加えて、耐性鬼タイムタップイン能力という5コストとは思えない破格のスペックを誇る。

鬼タイムのタップインによってマッハファイターが無力化されるため、間接的にさらに耐性が上がる。

《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》との相性は格別。このクリーチャーを出して、鬼タイムで相手の後から出てきたクリーチャーを牽制しつつ、次のターンで鬼タイムでコスト軽減された《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》を召喚すれば、相手のクリーチャーすべてが全滅した上で耐性持ちの自分のクリーチャーがバトルゾーンに2体並ぶことになる。そのまま、相手のシールドを5つブレイクでき、相手が返しの自身のターンでスピードアタッカーなどで反撃しようにも、ブロッカーで防御を固めようにもすべてタップインで無力化されるため、ほぼほぼ勝利に直結する。
共に5コストで被っているのが難点だが、《鬼寄せの術》で早期召喚するなどしてスムーズに動くことが可能。

タップインを発動させるまでの時間稼ぎには、《暗黒鎧 ザロスト》が適任か。序盤の猛攻を凌ぎつつ、シールドを減らしながらしぶとく復活できる。

除去耐性はあるものの、火力6000以上のパワー低下には弱い。使用率の高い《S級不死 デッドゾーン》《九番目の旧王》には特に注意が必要。この時に手札を捨てたとしてもパワー0のため破壊は免れないが、手札を捨てるかは任意=この処理は任意で繰り返せると言えるため、好きな枚数を捨ててから破壊されるという事もできる。

コンセプトを考えると【青黒緑デッドダムド】に良さそうな1枚。《無修羅デジルムカデ》と異なりGRメタに引っ掛からないのが一番の利点。これを最大限活用するなら、鬼タイム発動のために積極的にビートダウンするプレイングが求められるだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-13
    突如始まったデモニオによる侵攻……それがのちの世に「十王大戦」と呼ばれる戦いの始まりであることはまだ、誰も知らない。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.バトルゾーンに相手の《「非道」の鬼 ゴウケン齋》がいて、お互いのシールドが6つ以下です。 この状況で、タップしてバトルゾーンに出た《天神兵ユーアイ》の「タップした時」の能力を使えますか?
A.いいえ、使えません。
バトルゾーンに出た時にタップされるのではなく、タップされた状態でバトルゾーンに出ます。(総合ルール110.4f)
引用元