《「魂狩(たまがり)」の(おに) ガシャド髑髏(どくろ) [編集]

「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏 VR 闇/火文明 (3)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 21000
Q・ブレイカー
このクリーチャーは攻撃できない。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、真上の能力を無視する。
自分のターンのはじめに、自分のシールドを1つ手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

DMRP-15で登場した/デモニオ/鬼札王国

コスト3でパワー21000のQ・ブレイカーと破格のパワーと打点を持つが、鬼タイムが発動しないと攻撃できない能力と、ターン開始ステップに自分のシールドを1枚強制で回収する能力を持ち、癖がとても強い。

パワーは非常に高くQ・ブレイカーを持つが、鬼タイムが発動していないとクリーチャーにも攻撃できない。効果バトルなど攻撃以外でパワーを生かすことも考えたい。
鬼タイムが発動せずともターン開始ステップに自分のシールド回収により、擬似的な置きドローとしても機能する。

鬼タイムを早く発動させてこのクリーチャーを攻撃させたいが、相手のシールドばかり削って鬼タイムを発動させても過剰打点なってしまい、逆に自分のシールドばかり削って鬼タイムを発動させても、相手のシールドを4つブレイクした時に、S・トリガーによる反撃を受けて負けてしまうリスクが高い。
この為、このクリーチャーの鬼タイムのパフォーマンスが最高に発揮出来るのは相手のシールド4つ、自分のシールド2つの時である。
ただし、T・ブレイクでもコスト3としては十分強力なのは事実。臨機応変に対応しよう。

パワーの高さを生かすなら、効果バトルも生かしたい。《百鬼の邪王門》踏み倒し先としても適任。《百鬼の邪王門》《凶鬼03号 ガシャゴズラ》《罪無 ブリキン極》を出してから、そのcipで出してカウンターを仕掛けるケースも見られている。

Q・ブレイカーを活かすなら、《「貪」の鬼 バクロ法師》に繋ぐのが強力。《「貪」の鬼 バクロ法師》とこのカードのシールド回収《「貪」の鬼 バクロ法師》のアタックにより鬼タイムを達成でき、Q・ブレイカーで相手のシールドをゼロにしながら《龍装者 バルチュリス》などに繋げられれば理想的な動きと言える。

総じてリスキーな面はあるものの、コスト打点シールド回収のいずれにおいても強力で、それぞれが絶妙なシナジーを形成している。
今後コスト3を参照するカードが増えたり、ビートダウン中心の環境に変わるなら注目しなくてはならないカードと言えよう。

  • 実際のテキストでは鬼タイムテキストは以下のようになっている。
    <鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、真上の■能力を無視する。
  • 元ネタは、野に打ち捨てられた骸骨が集まって生まれた妖怪『がしゃどくろ』と思われる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-15
    いよいよジャオウガ様が立ち上がられるガシャ! 我々もウカウカしてられないガシャ! ― 「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏

収録セット [編集]

参考 [編集]