《【(いま)すぐ】うわっ…相手(あいて)攻撃(こうげき)()めすぎ…?【クリック】》 [編集]

【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】 UC 水文明 (7)
呪文:チームウェイブ
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
次の自分のターンのはじめまで、相手のコスト5以下のクリーチャーは、攻撃もブロックもできない。
この呪文がどこからでも自分の墓地に置かれた時、自分の墓地をシャッフルし、山札の一番下に置いてもよい。

DMEX-14で登場したチームウェイブ呪文

コスト5以下の相手クリーチャー攻撃ブロックを禁じるS・トリガー呪文

攻撃を止めるためのS・トリガーとして見ると、《テック団の波壊Go!》《終末の時計 ザ・クロック》など定番のS・トリガーに性能で劣る。
防御用S・トリガーとしての性能は、先述したような他のカードにこそ劣るものの、複数体のクリーチャー攻撃を止められるため悪い性能ではない。特にGR召喚主体のデッキに対しては、GRクリーチャーの大半をこのカード1枚で止められるため高い防御性能が期待できる。

山札回復が必要でないなら《テック団の波壊Go!》《終末の時計 ザ・クロック》で良いので、山札回復はぜひ活かしたい。

唱えた際の能力とは別に、墓地に置かれた時に任意で山札回復する能力も持っている。
これは強制ではなく任意であるため、墓地リセットしたくない時は無理に行う必要も無い。そのため、墓地利用を行うデッキライブラリアウト回避のために採用しても序盤の墓地肥やしの邪魔にならない。

墓地に置かれることで山札回復ができるカードには《永遠の少女 ワカメチャ》《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》がいる。それらと違いこのカードは防御用S・トリガーを兼ねているためデッキスペースを節約できる点が長所となる。デッキスペースの厳しいデッキでは採用に値するだろう。

上記の類似の能力を持ったカードと同様、《偶発と弾幕の要塞》との相性がよい。特に、このカードはクリーチャーでないため《偶発と弾幕の要塞》でめくれても火力に支障がない点が優秀(従来山札回復に使用されてきた《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》には「《偶発と弾幕の要塞》でめくれた時の火力が8000で固定されてしまう」という弱点があった)。山札回復が任意である点も含め、【弾幕ガ・リュザーク】との相性は非常によい。

ルール [編集]

  • この呪文を唱え終わった後に、墓地に置かれた場合でも山札回復は誘発する。

その他 [編集]

  • 十王篇1ブロック環境、超・十マーク2ブロック構築環境では待望の実用的な山札回復カード《ドラグ変怪》対策となる。
  • 元ネタは、現実の転職サイトtypeのネット広告に使われてネット上で大流行したキャッチフレーズ「うわっ…私の年収、低すぎ…?」。汎用性の高い語呂と広告の印象的な写真から、ネット上における一種のネタとして定着した。カードイラストに描かれた《珊瑚妖精キユリ》が口を抑えながら驚愕する様子も、その広告の画像が元になっている。
  • イラストでは《キユリ》が主人公のゲームのプレイ動画、あるいは《キユリ》の実写動画にニコニコ動画風のコメントが流れている様子が描かれている。

アニメ・漫画において [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手の《光神龍スペル・デル・フィン》がバトルゾーンにいる状況です。自分の《【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】》が、唱える以外の方法で墓地に置かれました。この「墓地に置かれた時」の能力は解決できますか?
A.はい、解決できます。《光神龍スペル・デル・フィン》は呪文を唱えることを禁止しますが、このカードのが持つような、唱えずにトリガーする能力を禁止することはできません。
引用元

Q.自分の《怒流牙 佐助の超人》の「出た時」の能力で《【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】》を捨てて、その後マナゾーンに置きました。この「墓地に置かれた時」の能力は、解決できますか?
A.はい、解決できます。呪文能力にある誘発型能力も、墓地に置いた時点でトリガーし、解決します。(総合ルール 603.2[1]
引用元

Q.自分のターン中、自分は《【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】》を唱えました。次の相手のターン中に出た、相手のコスト5以下の「スピードアタッカー」能力を持つクリーチャーは、攻撃できますか?
A.はい、攻撃できます。《【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】》の効果は、唱えた時点でバトルゾーンにいるクリーチャーのみに適用されます。
新たにバトルゾーンに出たクリーチャーには影響を及ぼしません。
引用元


[1] 603.2. 誘発型能力は、誘発条件を満たすたび自動的に誘発します。誘発した効果は一度待機状態となり、解決を待ちます。