《【神回(かみかい)】バズレンダでマナが大変(たいへん)なことに?!【驚愕(きょうがく)】》 [編集]

【神回】バズレンダでマナが大変なことに?!【驚愕】 C 自然文明 (2)
呪文:チームウェイブ
<バズレンダ>[無色(3)] (この呪文のコストを支払う時、追加で[無色(3)]を好きな回数支払ってもよい。そうしたら、そのBR能力を1回と、追加で[無色(3)]支払った回数、使う)
BR-自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

DMEX-09にて登場した自然チームウェイブ呪文

バズレンダ付きの2コストのマナブースト呪文
バズレンダにより3コスト追加で支払うごとに1マナ追加で増やすことができる。バズレンダ使用時の使い勝手は下記のようになる。

BRコストブースト枚数備考
021枚S・トリガーのない《フェアリー・ライフ》《レッツ・ゴイチゴ》と同等。
152枚《アルティメット・フォース》《生命と大地と轟破の決断》と同等。
283枚同じブースト枚数では《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》メタモーフ中の《セブンス・タワー》らにコストで劣る。
3114枚唯一無二の性能だが、11マナ使うならばブーストではない他のアクションを起こしたい段階である。

各使用コストだけで見た場合のコストパフォーマンスはあまり良くないが、《つぶやきブルーバード》と組み合わせることで、2コストで2マナブーストという《メンデルスゾーン》をも超える脅威のスペックを実現できる。

また、各コスト帯で撃ち分け可能な点も重要となる。
最序盤や余ったマナで使える2コストマナブースト、中盤8マナ帯へ繋げる2ブースト、さらにゼニス級のファッティへ繋げる3ブーストを1枚のカードで状況に応じて撃ち分けることが可能。
特に5→8はこのカード同士で繋がるので、12マナを目指すデッキであれば一考の余地はある。
打ち分けによってマナカーブを整えやすく、スロット圧縮できるのも強みと言える。
マナアンタップ状態で増える点も見逃せない。

マナカーブ調整において複数の役割をこなせるマナブーストとしては、他に《セブンス・タワー》が存在する。2コストマナブーストになれるという差別化点を活かせば、ビッグマナにおける棲み分けは十分に可能だろう。《セブンス・タワー》メタモーフに到達させる手段の一つとして両方採用してしまうのも良い。

いっそのことバズレンダを考慮せず《鼓動する石版》のような9枚目以降の2コスト初動と割り切るのも1つの手。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-09
    ただバズレンダしてただけなのに、気づけば驚愕の〇〇が出現!? 続きはキユリのチャンネルで確認してね! ― キユリチャンネルからのお知らせ

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《【神回】バズレンダでマナが大変なことに?!【驚愕】》のような呪文の「バズレンダ」は、コストを支払わずに唱えた時にも使えますか?
A.コストを支払わずに唱えた時でも、マーク能力を1回だけ使うことができます。ただし、マナコストを支払うタイミングが無いので、追加で「バズレンダ」のコストを支払うことはできません。
引用元