《お(さわ)がせチューザ》 [編集]

お騒がせチューザ UC 火文明 (4)
クリーチャー:ドリームメイト 2000
このクリーチャーは、可能であれば毎ターン攻撃する。
このクリーチャーがタップされている時、誰も呪文を唱えられない。

DM-20で登場したドリームメイト

タップされていれば全ての呪文の詠唱を禁止する。

ひとたび攻撃を始めれば【ミラクルとミステリーの扉】などの呪文を主体にしたデッキを完封することができる。
攻撃メインステップの後なので、自分のターン中はほぼ問題なく呪文を使える点が優秀である。

《Dの牢閣 メメント守神宮》に対する返しとしても優秀で、相手は迂闊にDスイッチすることができなくなる。

ただし、可能であれば毎ターン攻撃しなければいけないため場持ちが悪く、その点をサポートしてやる必要がある。
また、一度タップしてしまうと自分も呪文S・トリガー及びS・バックが使えないため、S・トリガー獣ブロッカーを使わなければ守りが手薄になりやすい。

使用の際はこのカードに合わせてうまくデッキを組んでやる必要があるので、非常に玄人向けなカードと言える。

環境において [編集]

古くは2006年公式大会である「サマーギャラクシーリーグ」で意表を突くかの如く登場して優勝した【チューザビートダウン】の主要パーツとして知られる。

だが毎ターン殴らないといけないことがデメリットとして考えれており、殴り返しに弱いことから評価はマチマチであった。

その後、革命編以降は手軽な呪文ロックが普及したため存在感が薄れ、特に《音精 ラフルル》の存在が痛かった。

ところが2020年1月1日の殿堂レギュレーション改訂により《音精 ラフルル》プレミアム殿堂に指定されると立場は一変。【BUNBUN・ヴァイカー】におけるロック手段として需要が高まり、チャンピオンシップでもよく見かけるカードとなった。【BUNBUN・ヴァイカー】の場合1ショットキルなので相手の防御札が呪文だけである時点で安全に詰めることができるのである。自軍をスピードアタッカーにする《チキチキ・JET・サーキット》や味方をタップさせる《爆烈マグマロイヒ》もテンプレパーツとして搭載されているのでタイムラグという欠点はこちらのデッキでは目立たない。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-20
    「もうもうもう誰なんだよ! 危険が迫らないと効かないお札とか作るなんて!」――お騒がせチューザ
  • DMX-12
    「みんなー!聞いてくれ!パーロックに見捨てられたと思ったレディ・パーロックは……」《チューザ》が大声でみんなに叫んでいる。その声を聞いて、近づく影……
    1.影の正体は《ギル・メイワク》だった。→《自爆屋ギル・メイワク》
    2.影の正体は《キング・アルカディアス》だった。→《聖鎧亜キング・アルカディアス》
  • DMEX-12
    フィオナの森は何度でもよみがえる自然文明の生命の象徴。そして、フィオナ・フォレストを称える祭りは、「フィオナフェス」と名付けられその永遠の力を受け継ぐ祭となった。

収録セット [編集]

参考 [編集]