《かっ()ばす(もの) ラカン》 [編集]

かっ飛ばす者 ラカン UC 水文明 (4)
クリーチャー:ムートピア 3000
このクリーチャーが出た時、カードを1枚引く。
自分の手札から呪文を唱えた時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、その呪文をもう一度、墓地からコストを支払わずに唱える。

DMRP-18で登場したムートピア

cipで1枚ドローし、手札から唱えた呪文を、このカードを破壊することでもう1回唱えられる。

《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》下位種に近いスペック能力が使い捨てになった代わりに、コストが軽くなった。1ターン早く呪文を倍増できるのは非常に強力であり、序盤に《焦土と開拓の天変》《ブレイン・タッチ》でテンポを奪ってしまえばコスト以上のリターンが得られる。

文明コストを問わず呪文を2回唱えられるため、コンボの幅は広い。
マナカーブから考えるのであれば、コスト5の呪文が候補に上がる。《超次元リュウセイ・ホール》などの超次元呪文や、多方面でアドバンテージを得られる《ドンドン火噴くナウ》《ナウ・オア・ネバー》などが使いやすいだろう。防御を固めるなら《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》に繋げるのも良いか。

出したターンに有効活用するのが難しく、《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》と違い耐性が無いので、次のターンまで生き残れない可能性が大きいのが難点と言える。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]