《くまくまわり》 [編集]

くまくまわり UC 自然文明 (6)
クリーチャー:グランセクト 12000
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。その後、それがクリーチャーでなければ、このクリーチャーをマナゾーンに置く。

DMRP-01で登場した自然グランセクト
cip山札の上から1枚目をマナゾーンに置きそれがクリーチャーでなければこのクリーチャーマナに置かれる。

6マナで12000の高パワーに不安定なデメリットがついたクリーチャー
クリーチャーが当たらなければその高いパワーと打点を活かすことはできないが、グランセクトを筆頭としたこのクリーチャーが入るようなデッキならばほぼフルクリーチャー構成になるため、場に残れない確率は低い。その場合は6マナで1ブースト持ちのT・ブレイカーというなかなかのスペックになる。

逆に、クリーチャーを当てなければ2ブーストできる点に注目し、同弾の《パンプパンプ・パンツァー》のようにブーストカードとして考えることはできなくもないが、大抵クリーチャーを当てるよりも難しい上、そもそも同じコストで3ブースト可能な《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》《剛撃古龍テラネスク》が存在するため、おすすめはできない。

クリーチャー以外のカードをいれたデッキでは万一で2ブーストになるため、8に繋ぐか9に繋ぐか状況次第で選べるようなデッキ構成にすると良いだろう。
グランセクトデッキならば、マナに飛んだ場合、その場で浮いた2マナ《一番隊 ルグンドド》《フェアリー・ライフ》を使ってさらに大型に繋げる技もありえなくはない。

  • イラストではひまわりのような熊(クマ)がひまわりを投げている様子が描かれている。このことからモデルと名前の由来は「ひまわり」と「熊(クマ)」だと思われる。

アニメ「デュエルマスターズ!」26話 [編集]

《メガロ・デストロイト》内で幸せエネルギーを吸われていたクリーチャーの一体として登場。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-01
    野菜兵器が発射する種ミサイルが野生の動物などに当たると、その姿を動物兵器へと変えてしまう。もちろん、姿は戻らない!これはクマった!

収録セット [編集]

参考 [編集]