《こたつむり》 [編集]

こたつむり VR 火文明 (2)
クリーチャー:ビートジョッキー/スペシャルズ 2000+
自分のマナゾーンに火のクリーチャーが4体以上あれば、このクリーチャーに「パワーアタッカー+4000」と「W・ブレイカー」を与える。
相手のクリーチャーはバトルゾーンに出たターン、プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーは次の自分のターンのはじめにアンタップしない。

DMRP-07で登場したビートジョッキー/スペシャルズ

クリーチャー限定のマナ武装4とも言える条件で、パワーアタッカー+4000とW・ブレイカーを得る。
さらに常在型能力で相手のクリーチャーに登場ターンのプレイヤーへの攻撃を禁止させる。
ただし、攻撃した次のターンアンタップしないというデメリットが付く。
素のパワーは2000と《堕魔 ドゥシーザ》《ゼンメツー・スクラッパー》で沈むラインだが、こればかりは仕方がない。

ビートジョッキーには《轟車 “G-突”》など、より早く容易にW・ブレイカーを達成できるクリーチャーが存在するので、このクリーチャーはいざという時には殴りにもいける防御札として見るべきだろう。
特にスピードアタッカーによる侵略革命チェンジを軸としたデッキや、バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できるクリーチャーには効果を発揮する。進化クリーチャーの攻撃も止められるが、マッハファイターなどを含むクリーチャーへの攻撃は止められない。

デメリットは攻撃した時にだけ発生するため、攻撃前にS・トリガー等でタップされた場合は次のターンにアンタップ出来る。
デメリットのせいで攻撃は2ターンに1回しかできないが、コストを考えれば十分すぎる性能である。

同じ防御能力を持つ《超絶特Q ダンガンテイオー》はコストの重さがネックだったが、こちらは低コストゆえに相手の展開より先に出して速攻を遅らせる事が出来る。
《その子供、凶暴につき》よりも早く出せる一方で、こちらはタップインからの殴り返しは出来ない。
あくまで1ターン先延ばしするだけなので、その差を活かせる【赤白“轟轟轟”ブランド】のようなデッキが適任だろう。

環境において [編集]

登場当初はマッハファイターや軽量除去などが多く目立たなかったが、DMRP-10期に台頭した【“B-我”ライザ】において《龍星装者 “B-我”ライザ》で不発にならないビートジョッキー兼、妨害手段として活躍した。【“B-我”ライザ】は順当なところで4ターン目に勝ちに行けるので、そこまで持てば問題ないという考えに基づく採用であった。

ただ、DMRP-12期になると攻撃時にGR召喚ができる《CATWAE・ネコボン》に2コスト帯の枠を譲るようになった。

その他 [編集]

  • 言葉遊びのあるクリーチャー名と外見、自分のマナゾーンを参照する性質からジョーカーズを彷彿とさせるが、他種族である。また、カタツムリモチーフであるが、グランセクトでもない。
  • 主に「こたつむり」とは、こたつに入って顔や上半身だけを外へ出した状態を呼ばれる。「こたつむり」だけで検索するとこのカードではなくその様子が書かれたイラストが多く出てくる。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-07
    こたつむりより早く走ると、こたつの中に取りこまれる。

収録セット [編集]

参考 [編集]