《さいたまねぎ》 [編集]

さいたまねぎ C 自然文明 (3)
クリーチャー:グランセクト 1000+
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、このクリーチャーのパワーを+3000する。

DMRP-12で登場したグランセクト

バトルゾーンに出たターンのみ、パワーが4000のマッハファイターになる。

登場ターン限りの除去として割り切るなら、同コスト《ワ・タンポーポ・タンク》よりも性能はいい。
また、ターンが過ぎたところであちらよりパワーが1000劣る程度。

ただ、あちらには破壊置換効果マナブーストできるという、こちらに対する差別化点が存在する。

  • グランセクト命名ルールから類推すれば、名前の由来は「サイ」と「たまねぎ」であり、「埼玉」と「ねぎ」ではない。だが、奇しくもこのカードが登場した年は映画「翔んで埼玉」が公開されて話題になったこともあり、そちらを意識してこの2つを組み合わせた可能性も考えられる。
     

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]