《せんすいカンちゃん》 [編集]

せんすいカンちゃん SR 水文明[ジョーカーズ] (4)
GRクリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 2000
このクリーチャーは攻撃されない。
このクリーチャーが攻撃する時、Jトルネードしてもよい。そうしたら、そのJトルネードされたクリーチャーの「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使う。(Jトルネード:自分の他のジョーカーズを1体、手札に戻す)

DMRP-11で登場したジョーカーズ/ワンダフォースGRクリーチャー

攻撃されない能力と、アタックトリガーJトルネードを行う事ができ、こうしてバウンスしたクリーチャーのcipを使う能力を持つ。

Jトルネードcipを使うのは、バウンスするジョーカーズによっては多大なアドバンテージを稼ぎかねないため、GRクリーチャーの中でもそのポテンシャルはかなり高いと言える。

《ジョリー・ザ・ジョルネード》とはなかなかの好相性で、マスターJトルネードで出せれば召喚酔いなしで攻撃できて、しかも《ジョリー・ザ・ジョルネード》をJトルネードでバウンスして、さらにGRクリーチャーを展開できる。おそらく、デザイナーズコンボだろう。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》コスト軽減ジョラゴン・ビッグ1を思わせるアタックトリガーだが、あちらと違ってこちらはGRクリーチャーcipを使う事が出来る。
能力を使ったクリーチャー墓地ではなく手札に戻るためそのcipを何度も使い回す事が容易である点も大きな違いである。

Jトルネードの対象はジョーカーズのみだが、使えるcipジョーカーズの指定は無い。
そのため、実用性があるかどうかは定かではないが、《ビックリ・イリュージョン》ジョーカーズを与えたクリーチャーcipを使い回すやり方も考えられる。

環境において [編集]

DMRP-11期では、マナドライブを持った他のGRクリーチャーに枠を取られがちで、環境は呪文やクリーチャーのcipを使い回すループデッキが横行し、このクリーチャーはお呼びではなかった。

しかし、2020年1月1日の殿堂レギュレーション改訂からしばらくして【バーンメアジョーカーズ】でお呼びがかかる。《バーンメア・ザ・シルバー》cipを使い回すことで、さらなる展開をして1ショットキル性能を大幅に向上させる1枚として大活躍した。
【バーンメアジョーカーズ】ではこれか《無限合体 ダンダルダBB》が捲れるとほぼ勝ち確定だった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A
Q.《せんすいカンちゃん》でJトルネードされたクリーチャーが手札に戻らなかった場合、そのJトルネードされたクリーチャーの「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力は使用することはできますか?
A.使えます。
引用元