《その子供(こども)可憐(かれん)につき》 [編集]

その子供、可憐につき P 光/水/火文明 (3)
クリーチャー:ヒューマノイド/チルドレン 3500
自分のコスト4以上のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
相手の進化クリーチャーと、「スピードアタッカー」または「マッハファイター」を持つ相手のクリーチャーは、タップしてバトルゾーンに出る。

DMEX-08で登場した//ヒューマノイド/チルドレン

コストが3、文明//の3色になり、スピードアタッカーを付与する対象が4コスト以上に変更され、相手のタップインの対象がマッハファイターまで広がった《その子供、凶暴につき》。《凶暴につき》とは違い、マナカーブ的に、スピードアタッカー付与の対象に綺麗につなげることができるのもポイント。《凶暴につき》を上回る強力なロック能力を持つが、単色であるあちらに対し、こちらは白青赤という中々厳しい組み合わせであるため、入るデッキはあちらより限られるだろう。【白青赤ドギラゴン剣】が現役であれば採用圏内であっただろうが。《凶暴につき》がどちらかといえば前のめりなデッキで活躍できるスペックなのに対して、こちらはより長期戦向けのスペックといえる。

その点、中量級のcipでアドバンテージを取ることが戦略の1つであり、時にそれらで妥協的に通常ブレイクすることも少なくない【ボルメテウスコントロール】には適している。勿論《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》本体のタイムラグをなくすのにもうってつけ。

対象がコスト4以上なため、クリーチャーを並べてビートダウンをしたいのであれば、超GRをコスト4以上のGRクリーチャーで統一してGR召喚できるカードをふんだんに入れたいところ。対象を考えると、単純に《お騒がせチューザ》をタイムラグなしに使えるようにできるという利点もあると言えるため、メタビートを組むなら覚えておいて損はない。

《希望の守り手クラップ》に次ぐコスト3の白青赤カードであるため、《無限王ハカイ・デストロイヤー》の進化元としても活躍するだろう。

環境において [編集]

DMEX-08期ではタッチした【青赤緑バーンメアジョーカーズ】に採用された実績があり、チャンピオンシップ(3人チーム戦)優勝報告もある。【バーンメアジョーカーズ】ミラーマッチに強く、重量級マナドライブを中心とした4コストのGRクリーチャーとの相性が抜群である点が結果を残した所以だろう。

その他 [編集]

  • イラストは2004年から連載が始まり、現在もなお週刊少年サンデーで続いている人気漫画「絶対可憐チルドレン」の主人公である明石薫、野上葵、三宮紫穂の三人。
    イラスト中央が明石薫、左が野上葵、右が三宮紫穂。ちなみに、フレーバーテキストの「皆本」とは同作品の登場人物である。
    • イラストレーターは「絶対可憐チルドレン」の作者である「椎名高志」。他の代表作は「GS美神」等。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-08
    「君たちは何にでもなれるし、どこにでも行ける!」
    皆本がそれをくれたんだ…! ― 明石薫

収録セット [編集]

参考 [編集]