《ちょっと☆きゃわ☆じょらごん》 [編集]

ちょっと☆きゃわ☆じょらごん P 無色 (7)
NEOクリーチャー:マスター・ドラゴン/ジョーカーズ 5000
NEO進化:自分の、カワイイと思うジョーカーズ・クリーチャー1体の上に置いてもよい。
このクリーチャーは、下に重ねたカード1枚につき、カワイさ+1される。
このクリーチャーが攻撃する時、カワイイと思うジョーカーズを1体、自分の手札から相手に見せ、このクリーチャーの下に置いてもよい。
相手がクリーチャーを選ぶ時、可能ならカワイさが一番のクリーチャーを選ぶ。
ジョラゴン・ポップ1:このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにこのクリーチャーの下に重ねたカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。それがジョーカーズ・クリーチャーなら、そのクリーチャーの「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。

DMEX-08で登場したマスター・ドラゴン/ジョーカーズ
2019年のエイプリルフールネタとして投下されたカードが、テキストとコストの調整を経て実際のカードとして世に出ることになった。

かわいいと思えるジョーカーズのみを対象とするNEO進化、および追加で仕込めるアタックトリガーを持ち、それに対応するカワイさパンプアップと誘導、そしてジョラゴン・ポップ1を持つ。

NEO進化アタックトリガーを使えば相手はほぼこのクリーチャーしか選べなくなるので、味方を除去から守るカードとして最適。その上ジョラゴン・ポップ1置換効果による耐性であり、《バイナラドア》《ハクション・マスク》を下に置いておけば除去されるどころか逆に相手を妨害しに行ける。

一方でパワーコストに対して低く、1ターンのうちに除去を連発されると弱い。

また、マッハファイター殴り返しにも素通りされてしまう。

  • ネタが豊富なBBPの為にあるような能力をしていたため、DMEX-08での収録を予想していた者は一定数いた。
  • テキストの変更により、このクリーチャーのカワイさが0のときは、すべてのクリーチャーを選べるように弱体化された。また、常在型能力のため、《自由の末弟 トド松》が選ばれる対象になってしまうこともある。

ルール [編集]

  • アタックトリガーの下に置くカードの指定が「カワイイと思うジョーカーズ」とカードタイプが書かれていないが、「1」と書かれてあるため、呪文は対象外である。

暫定回答 [編集]

  • 進化条件である「カワイイと思うジョーカーズ・クリーチャー」は、カワイイという判断材料が『プレイヤーの心の中』という非公開情報にあるため、実際はジョーカーズ・クリーチャーならどれでも進化させられる。
    • カワイイという言葉自体も、特に外見的なことを指しているわけでもないので、性格面や「愛おしい」という意味合いでのカワイイととらえることによって、「カワイイ」と言える口実はいくらでも作れるだろう。
    • 技名である《ジョラゴン・ビッグ100》なども出せる。

エイプリルフールに掲載された時のデータ [編集]

以下のものは、エイプリルフールに投稿されたカードのテキスト。実際には手に入らない

ちょっと☆きゃわ☆じょらごん P 無色 (5)
NEOクリーチャー:マスター・ドラゴン/ジョーカーズ 5000
NEO進化:カワイイと思うジョーカーズ1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、手札のカワイイと思うジョーカーズを1枚、このクリーチャーの下に置く。
このクリーチャーは下にあるカードの数だけカワイさ+1する。
このクリーチャーのカワイさが一番なら、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶ。
ジョラゴン・ポップ1:このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにこのクリーチャーの下のカードを1枚墓地に置いてもよい。それがジョーカーズなら、そのクリーチャーの「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]