《ちんぱんじー》 [編集]

ちんぱんじー C 自然文明 (2)
クリーチャー:グランセクト 4000

DMRP-13で登場した自然グランセクト

登場時点で、自然単色2コストバニラで過去最高のパワーを持っている。
これは《無頼勇騎ゴンタ》のようなかつての多色2コストバニラに相当するほどの高パワーであり、バニラインフレを感じさせる。
そもそも従来の自然の2コストバニラパワー3000だったにも関わらず、《ボーボボ・ボーボ坊》など能力を持ちながらバニラ同等のパワーを持つ者がいたため、それらとの差別化のためのインフレなのかも知れない。

ただ、これだけコストパフォーマンスが良くとも《駱駝の御輿》の対象外であるのは痛く、この時点で【バニラビート】には不適格。要するに2マナで召喚するのであればバニラとしてはそれでも重いのである。

それでも、場持ちは2コストにしては良いのでシールド戦では採用圏内。

  • 《ばにーら》完全上位互換にあたるカードだが、あちらは《駱駝の神輿》の対象になるため、【バニラビート】においては彼方の方が使いやすい。
  • 『デュエル・マスターズ 十王篇フルコンプリートBOOK』でも「バニラ(能力なし)とはいえ、2マナで4000となれば、最強クラスの速攻獣!!!」とその優良なコストパフォーマンスについて触れられている。
  • 名前は「チンパンジー」+「パンジー」。

サイクル [編集]

DMRP-13で登場したバニラおよび準バニラサイクル。過去のカードと比べてすべてパワーが底上げされている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]