《わらしべドリームメイカー》 [編集]

わらしべドリームメイカー C 火/自然文明 (4)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 5000+
各ターン、自分が最初のクリーチャーを召喚した時、そのターン、このクリーチャーのパワーを+5000し、「W・ブレイカー」を与える。(「W・ブレイカー」を持つクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

DMRP-16で登場した/自然ジョーカーズ/チーム切札

自力でパワー10000のW・ブレイカーになれるが、それ以外の能力は持たない。
クリーチャーを召喚するだけでパンプアップするため、条件としては緩い部類だが、それでも準バニラ止まりのスペックなのが痛い。
召喚時限定なのでJチェンジなどのコスト踏み倒しではトリガーしない。

トリガー能力であるため、先に他のクリーチャー召喚してその後にJチェンジでこのクリーチャーコスト踏み倒ししてもパンプアップは得られない。
前のターンからバトルゾーンに出ていれば問題ないが、Jチェンジバトルゾーンに出す場合には注意が必要。

しかも、現在のルール上このクリーチャー自身を召喚してもそのターンパンプアップアップできない[1]。そのため、このクリーチャーを召喚したターンにスピードアタッカーマッハファイター付与してもパワー5000のクリーチャーとしてのスペックしか発揮できない。

十王篇時点では、コスト4で無条件のW・ブレイカーを持つクリーチャーは珍しくない。
それらに比べるとこのクリーチャーW・ブレイカーを得るために条件が必要という点で大きく使い勝手で劣る。
そもそも、このクリーチャーに限らずコスト4でビートダウンしかできないクリーチャー《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》にその存在意義を否定される。
種族を考慮しても《はなさかジェントル》を使った方がまだマシだろう。

シールド戦であれば癖のないW・ブレイカーとして出番はあるだろう。

  • モチーフは「わらしべ長者」。わら人形型クリーチャーが元ネタ通りアブ(?)をわらしべに結んでいる。
  • このカードの初出はデュエマいやほいゲーム
    1. わらしべドリームメイカー……正解の選択肢。「わらしべ長者」を反映した名前。
    2. Mr.屁理屈 ザ・ストローマン……藁を英語で「straw (ストロー)」。詭弁を用いて相手を論破するストローマン論法が元ネタ。
    3. 藁うセールスマン……藤子不二雄Ⓐの漫画『笑ゥせぇるすまん』より。
    4. アイスバトルチャレンジ……デュエマいやほいゲームを参照。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《わらしべドリームメイカー》の「召喚した時」の能力は、自身を召喚した時もトリガーしますか?
A.いいえ、トリガーしません。召喚した時点では《わらしべドリームメイカー》自身がバトルゾーンにいないので、能力のトリガーもしません。
引用元


[1] 召喚した時」というのは、バトルゾーンに出る前のタイミングでトリガーするため