《アクア・サバイテイク》 [編集]

アクア・サバイテイク C 水文明 (4)
クリーチャー:リキッド・ピープル/チームウェイブ 2000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
レインボーナス:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分の多色クリーチャーがあれば、クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。

DMEX-14にて新登場。

《アクア・サーファー》手打ちしやすいコストになった代わりに、バウンスレインボーナスという条件が付いたようなスペック

4コストクリーチャーを1体立てながらバウンスできるカードとしては《知識と流転と時空の決断》が存在する。汎用性ではあちらには敵わないだろう。

リキッド・ピープル種族デッキに採用しようにも、リキッド・ピープルはあまり多色が充実していないため、微妙である。

  • 元ネタは、料理系Youtuberが鮮魚を捌く際の決まり文句「捌いていく」。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-14
    マニフェストが桃天守閣に力を与える!その力とは、究極の自己表現の力!自己表現して承認されること、それが生きる証であり、マニフェストのステートメントなのだ!!

収録セット [編集]

参考 [編集]