《アクア・シャークス》 [編集]

アクア・シャークス C 水文明 (3)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ハンター 2000
このクリーチャーが破壊された時、カードを1枚引いてもよい。

DMR-09で登場したリキッド・ピープル/ハンター

破壊された時1ドローできるため、アドバンテージを失いにくい。
だが、単に手札が欲しいならcipで即ドローできる《アクア・ハルカス》《クゥリャン》が同コスト・同パワーにいる。

同じリキッド・ピープル《アクア・ハルカス》がかつて殿堂入りしていた事を考えると、そちらの調整版でもあるのだろう。しかし、当の《アクア・ハルカス》殿堂解除されたので再びデッキに4枚積めるようになってしまった。
そもそも《アクア・ハルカス》殿堂入り自体、エピソード3の時点で不当なものと認識されていた。調整版が見向きもされないのは当然のことである。

更に、2マナパワー1000で同じ能力を持つ《O・マール》が登場したことで、立場がほとんどない。

上記2体と違いこちらはハンターを持つため、これを活かしたいところ。
その場合、《アクア・ハンマープライス》が対抗馬となる。あちらはドローがさらに不安定だが、さらに軽い。

関連カード [編集]

相互互換 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMR-09
    インガ、カノン、そして、サトリの3階について、名目上の上下関係があったが、すでに形骸化し、単独の重要度によって地位が決まっていた。

収録セット [編集]

参考 [編集]