《アクア・スーパーエメラル》 [編集]

アクア・スーパーエメラル UC 水文明 (3)
クリーチャー:リキッド・ピープル 2000
ブロッカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚裏向きにして、新しいシールドとしてシールドゾーンに置いてもよい。そうしたら、自分のシールドを1つ、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

DM-25で登場したリキッド・ピープル

殿堂入りカード《エメラル》調整版

1コスト重くなり、ブロッカーを得、種族リキッド・ピープルに変更された。本家同様に手札シールド交換するため、S・トリガーシールドに絡んだギミックの仕込みなどを行える。
ブロッカーである点は大きく、1:1交換のS・トリガーを仕込んでも単純に2打点分の防御になる。シールドがなくなってしまってもブロッカーとして防衛に参加できるのもすばらしい点。速攻ビートダウン相手には銀の弾丸となりえる1枚である。

仕込む内容としては、《アクア・サーファー》《エマージェンシー・タイフーン》(&《斬隠蒼頭龍バイケン》)など、純粋にアドバンテージを稼ぐをものを仕込めば、ビートダウン速攻相手には強力な武器となる。リーサルが大いに遠ざかり、下手に踏み抜くと逆に盤面をとられてしまうため厄介極まりないことだろう。
《終末の時計 ザ・クロック》スパーク系を仕込めば確実に1ターンを稼いでくれる。超火力を1ターンで飛ばしてくる相手や土壇場の詰め合いに極めて強力な戦術であり、パワーカードのぶつけ合い・殴り合いになりがちな近年の環境ではかなり有効な戦術である。

仮に何も仕込めなかったとしても、少なくともブラフ手札交換になるので、完全に無駄になることは少ない。

コスト能力持ちのブロッカーは大抵攻撃できないデメリットを持つが、このクリーチャーにはそのようなテキストがないため、相手プレイヤークリーチャー攻撃できる。
そのため、《エメラル》と同じようにビートダウンを中心として採用される。シールド交換で防御性能を高めながらブロッカーとして二重の守りを見せつつ、クリーチャーへの殴り返しにも有効に働くため、その活躍っぷりは本家に負けず劣らず優秀である。

リキッド・ピープルということで種族的な恩恵は豊富。《超閃機 ジャバジャック》《クリスタル・スーパーパラディン》《侵略者 バロンスペード》進化させられる。《龍素記号iQ サイクロペディア》シンパシー要員にしてもいい。

シールド交換するクリーチャーとしては、カードパワー的に優れる上に防御性能に秀でており使いやすいため、文明を使ったデッキでは広く活躍してくれるだろう。
他の同種たちとはスペックや運用性の違いがあるので、うまく使い分けるとよいだろう。

関連カード [編集]

DM-25の、既存カードの完全上位互換的な性格を持つスーパーカード
全てカティノカードでもある。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]