《アクア・バナー》 [編集]

アクア・バナー R 水文明 (5)
クリーチャー:リキッド・ピープル 1000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。

DMRP-08で登場したリキッド・ピープル

《知識機装ジプシー・エナジー》下位種

5コストのクリーチャーは7コストのクリーチャーよりも基準パワーが4000低いので、そう考えると《知識機装ジプシー・エナジー》と比べて2000ほどパワーに上方修正がかかっていると言える。

2ブロック構築【トリガービート】では悪くないが、流石に殿堂レギュレーションでは単にドローするだけのS・トリガー獣は力不足。

  • 元ネタは《アクア・ハルク》。双方ともS・トリガーを持ちcipドローができるほか、「援軍の先頭には、必ず彼の姿がある」というフレーバーテキストも一致している。また、ハルクと言えばアメコミで有名な出版社「マーベル・コミック」のスーパーヒーローであり、超人ハルクに変身する前の姿は天才物理学者、ロバート・ブルース・バナーなことも一致する。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-08
    上司にこびへつらいながらも、裏では「バナーってよりバカーだよな」などと陰口を言っているのがばれたコバンザ。だが、魔導具との戦いの中で、彼のピンチに真っ先に駆けつけてくれたのは、その上司、アクア・バナーであった。援軍の先頭には、必ず彼の姿がある!

収録セット [編集]

参考 [編集]