《アクア・マスター》 [編集]

アクア・マスター SR 水文明 (6)
クリーチャー:リキッド・ピープル 4000
このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、相手のシールドをひとつ選び、表向きにする。(シールドゾーンにある間、そのシールドは表向きのままプレイする)

DM-09で登場したリキッド・ピープル

相手プレイヤーを攻撃してブロックされなければ、シールド表向きにするという珍しい能力を持つ。

シールドを永続的に表向きにするという能力自体は面白いが、直接アドバンテージが取れない効果であり、コストに対してパワーがかなり低いこのクリーチャーがプレイヤーに攻撃を通すという難易度に全く釣り合っていない。

一応「表向きにしたシールドがS・トリガーなら別のシールドをブレイク」「S・トリガー以外ならそのシールドをブレイク」などとしS・トリガーをなるべく踏まないようにブレイクができるが、S・トリガーの把握だけが目的ならば《リキッド・スコープ》《処罰の精霊ウラルス》等、cip能力や呪文などの即効性・確実性に優れる選択肢がある。

おまけにパワーが低くW・ブレイカーも無い為、生存力・決定力は低い。アドバンテージが取れない能力コスト論的に3000ものパワーを失っているこのカードよりは、6コストパワー7000のW・ブレイカー持ち準バニラの方がまだ使いやすいだろう。

デュエル・マスターズ史上最弱のスーパーレアとの呼び声も高く、「デュエル・マスターズではレアリティと強さが必ずしも一致しない」という教訓を体現した、別な意味で貴重な存在である。
このようにデュエルでの性能は散々ではあるが、そのお陰でネタカードとしての立場を確立するに至っている。

  • 「相手のシールドを表向きにしてゲームを続行する」ので、シールド・プラスなどで多重化されているシールドを指定した場合には、そのすべてを表向きにすることが可能(多重化したカードの束を1枚のシールドとみなす為)。ただし「本来は相手にも非公開のシールドが公開情報になる」ので、相手側が《音感の精霊龍 エメラルーダ》などのカードをデッキに入れていた場合、シールド操作などの手助けをしてしまうなど裏目に出ることもある。
  • 別冊コロコロコミックで連載されていた「D・M激王伝 ゲット」では敵として登場。負傷しない液体の身体を持ち、《特攻隊長マイキー》を始めとする火属性のクリーチャー達を襲撃した。その後ゲットと戦闘し彼を苦しめるも、雷が弱点である事を見抜かれて倒された。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-09
    「己の弱さが敗北させるのだよ!」 ――アクア・マスター
  • DMX-12
    相手が強かったのではない。己が弱かっただけだ!――アクア・マスター

収録セット [編集]

参考 [編集]