《アクア特攻兵(とっこうへい) デコイ》 [編集]

アクア特攻兵 デコイ C 水文明 (2)
クリーチャー:リキッド・ピープル閃 1000
マナ武装3―相手が自分のクリーチャーを選ぶ時、自分のマナゾーンに水のカードが3枚以上あれば、相手は《アクア特攻兵 デコイ》しか選べない。(ただし、自分の他のクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)

DMR-18で登場したリキッド・ピープル閃
マナ武装3により、自身以外のクリーチャーアンタッチャブル化する。

《ピュアキャット》などを見ても分かるように、実質3コストアンタッチャブルを付加できるのは強力。自身のスペックも2コストのリキッド・ピープル閃と恵まれており、《超閃機 ジャバジャック》などのアタッカーや、《アクア・ジェスタールーペ》などのシステムクリーチャー除去から守れる。

フリーズ攻撃制限などバトルゾーンから離さない除去の多くに備えてこのカードを立てるとフルスペックを発揮する。

難点はマナ武装の数値が3のため、2ターン目に出すと効果を発揮できない事と、このクリーチャー自身のパワーが1000と非常に低い事。強力な効果には間違いないが、過信はせず保険程度に考えておくのが一番だろう。
その特性上マナ武装を早めに達成する必要もないので、その分単色デッキに限らず多色デッキでもそれなりに活躍できるだろう。

  • 「他の」ではなく《アクア特攻兵 デコイ》しか選べなくする効果のため、複数体並べても自身はアンタッチャブルにはなれない。
    • 言い換えると《名も無き神人類》の名前追加によって《名も無き神人類》を避雷針にすることができるようになる。尤も、7マナ支払って2コストのこのカードの真似事をするのは非合理だが。
  • マナ武装が発動しているこのクリーチャーに《ペトリアル・フレーム》をクロスさせるなどしてアンタッチャブルにすると、相手は自軍のクリーチャーを全て選べなくなり使おうとした効果は不発になる。非常に高い除去耐性を獲得するが、全体除去には無力な事を忘れてはいけない。
    • 同様に「ブロッカーを1体〜する」や「タップされているクリーチャーを1体〜する」など特定の条件のクリーチャーを選ぶ効果を使い、このクリーチャーが対象外となる場合も相手が選べるクリーチャーがいないことになり不発となる。「相手は《アクア特攻兵 デコイ》しか選べない。」というテキストより、どんな効果でも《アクア特攻兵 デコイ》を選ばなければいけないと勘違いするケースが多いため注意。「自分の《アクア特攻兵 デコイ》以外のクリーチャーは選ばれない。」と読み替えると分かりやすいだろう。
  • フレーバーテキストでは何やら重要な情報を入手している。果たして彼の言う更なる侵略の力とは一体どんな力なのだろうか?
    • その後、DMR-19にて手札以外のゾーンからも侵略を行えるという、侵略を更に強化した能力を持つS級侵略者が新たに登場。彼の言う事に間違いはなかったようである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]