《アラン・クレマン》 [編集]

アラン・クレマン SR 闇文明 (6)
NEOクリーチャー:マフィ・ギャング 8000
NEO進化:自分の闇のクリーチャー1体の上に置いてもよい。
W・ブレイカー
キズナコンプ(このクリーチャーが攻撃する時、好きな数の自分のクリーチャーのKP能力を使う)
KP−相手のクリーチャーを1体破壊する。

DMRP-04裁で登場したNEOマフィ・ギャング

キズナコンプを利用すればアタックトリガーのタイミングでキズナアイコン能力を好きな数使用できる。

バトルゾーンに出したターンキズナコンプを使うにはNEO進化クリーチャーとしてバトルゾーンに出す必要がある。そうすると、必然と1体クリーチャーディスアドバンテージを被り、キズナコンプの真価を発揮するために必要なキズナマーク持ちが並ばないというジレンマに陥ることもある。

とは言え適当なクリーチャー進化元にして6コストで出ては、1回の攻撃につき単体でもシールドを2枚ブレイクしながら《デーモン・ハンド》効果を1回を放ち、生き残ればそれを2回、3回と繰り返せるとあっては、その強さが分かるだろう。

  • 名前の由来は実業家の「アラン・クレイン」だろう。

サイクル [編集]

DMRP-04裁で登場したキズナコンプ持ちのNEOクリーチャーサイクル

収録セット [編集]

参考 [編集]