《アーク・リンク・スパーク》 [編集]

アーク・リンク・スパーク R 光文明 (4)
呪文
シンパシー:アーク・セラフィムとセイント・ヘッド(この呪文を唱える時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のアーク・セラフィムまたはセイント・ヘッド1体につき1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない)
相手に種族をひとつ選ばせる。バトルゾーンにある相手の、選ばれた種族以外のクリーチャーをすべてタップする。

DM-21で登場したシンパシー呪文

サイクルの中では最も軽い呪文。しかし、効果《ホーリー・スパーク》《バリアント・スパーク》の劣化版になってしまっている。
相手に選択肢があるため、その状況で一番タップしたいクリーチャータップできず、種族がある程度統一されているデッキには効果が薄い。不死鳥編環境なら尚更である。

一応アーク・セラフィムセイント・ヘッドも大量展開に適した種族であるため、シンパシーにより1マナで詠唱することは難しくない。

ある意味、大量展開に向かない種族シンパシーの対象となっているのに同サイクルの中では最も重い《ティラノ・リンク・ノヴァ》とは正反対の呪文といえるだろう。

  • このカードもスパークカテゴリーに所属する呪文の1つだが、S・トリガーを持たないため参照するカードの性質とは噛み合っていない。

サイクル [編集]

DM-21シンパシー呪文

収録セット [編集]

参考 [編集]