《アーサー・ポンアタイム》 [編集]

アーサー・ポンアタイム SR 火/自然文明 (7)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 11000
<キリフダッシュ>[火/自然(5)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[火/自然(5)]支払って召喚してもよい)
W・ブレイカー
自分の火のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
自分の自然のクリーチャーすべてに「マッハファイター」を与える。

DMEX-09で登場した/自然ジョーカーズ/チーム切札

要求コスト5のキリフダッシュを持ち、クリーチャースピードアタッカー自然クリーチャーマッハファイターを与える。
このクリーチャー自身が自然多色なので、スピードアタッカーマッハファイター持ちとしての運用もできる。

キリフダッシュ前提で考えると、5コストというそこそこの重さのために他のクリーチャーとの同時出しが難しい。単体で見るなら《勝熱龍 モモキング》に劣ってしまううえ、1コスト上には1枚でゲームを決められる《勝熱英雄 モモキング》がいるため、スピードアタッカー等の付与能力がなくても勝利できるという展開も考えられる。そうなると、単色《ゴールド・キンタックス》や、マナ手札の増強が見込める《オーシャン・ズーラシマ》でも十分ということになりかねない。

強力な能力には違いないが、単純に【赤緑キリフダッシュ】に投入しても持ち味を活かしづらいというのが正直なところである。

キリフダッシュ5である強みとして、3ターン目に《タイク・タイソンズ》でのJチェンジから《モモダチ モンキッド》につなげることで《タイソンズ》の離れた時能力と《モンキッド》のcipで5マナためてそのまま召喚できることが挙げられる。次のターンから、《カダブランプー》などの軽量キリフダッシュクリーチャーにスピードアタッカーを付与して攻め込みたい。

《BUNBUN・ヴァイカー》との相性は良い。超GRクリーチャーで固め、《アーサー・ポンアタイム》と《ヴァイカー》を場に出せば《アーサー・ポンアタイム》が除去されるまで無限にシールドブレイクを行える。

  • 名前の由来は6世紀頃のブリテンに君臨したと言われている君主「アーサー王」と、昔話の書き出しの定型句"Once upon a time"。日本語では《むかしむかし》と訳される。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》で攻撃し、相手のシールドをブレイクする時、能力により相手のシールドが手札に加わるかわりに墓地に置かれました。この攻撃の終わりに《アーサー・ポンアタイム》の「キリフダッシュ」を使えますか?
A.いいえ、使えません。《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》の能力はブレイクを置換しているため、シールドのブレイクを発動条件としている「キリフダッシュ」も使うことができません。
引用元