《インビンシブル・オーラ》 [編集]

インビンシブル・オーラ VR 光文明 (13)
呪文
自分の山札のカードを上から3枚まで、自分のシールドに加える。

DM-06で登場したインビンシブル呪文

シールドを一度に3枚増やすというこれまた豪快な効果を持つものの、勝利に直結する効果ではないためサイクル中では《インビンシブル・パワー》と並んでもっとも採用率が低い。

主な用途はビートダウンの対策だろうが、13マナでは重すぎて全然間に合わない。

《光霊姫アレフティナ》と組み合わせるにしても効率のいいシールド追加はほかにいくらでもある。そのため、どうしても使いたいのであれば、コスト踏み倒しでの使用が前提となる。《天雷龍姫エリザベス》《マーシャル・クイーン》《星龍パーフェクト・アース》などと組み合わせてなるべく早期に唱えてたい。

  • よく「インビブル・オーラ」と読み間違えられる。「インビジブル」は「見えない、隠れた」、「インビンシブル」は「無敵の、不屈の」という意味である。後にDMEX-08でその読み間違われやすいカード名を持つ《インビジブル・オーラ》が収録された。名前こそ似ているが、あちらは《インビジブル・スーツ》のリメイクカードであり、このカードとは何の縁もない。

サイクル [編集]

DM-06インビンシブル呪文サイクル。すべて13コストの豪快な効果を持つ呪文
イラストに描かれているのは各文明の本拠地。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]