《インビンシブル・パワー》 [編集]

インビンシブル・パワー VR 自然文明 (13)
呪文
このターンが終わるまで、バトルゾーンにある自分のクリーチャーのパワーはそれぞれ+8000され、「T・ブレイカー」を得る。

DM-06で登場した自然インビンシブル呪文
自分のクリーチャーを大幅にパンプアップし、T・ブレイカー付与する。

序盤でマナブーストのために召喚した軽量クリーチャーが全員T・ブレイカーフィニッシャーとなって相手に襲い掛かる。クリーチャーが3体いてS・トリガーなどを踏まなければ1ショットキルが可能であり、その奇襲性と破壊力には恐るべきものがある。

ただし、13マナも溜める手間は尋常ではない。それだけのマナがあるならば、普通にクリーチャーを並べて押し切ってしまった方が手っ取り早い。

また、コストパフォーマンスと使いやすさの面では、DM-39で登場した《カンクロウ・ブラスター》に大きく劣っている。

あちらはパンプアップ値が+4000、ブレイク追加数も+1と、こちらよりも少々物足りないが、ブロック貫通効果呪文に対するアンタッチャブル付与させ、何よりコストが6とビートダウンでも容易に唱えることができる。

他にも、ウィニーを並べて押し切るならば《スネークアタック》《魔弾 ベター・トゥモロー》のようなカードもあり、非常に重いこのカードが優先されることは皆無である。

ただし、漫画での活躍が印象的だったため、バケツマンファンデッキに挿しておくのもいいだろう。

  • イラストに描かれているのは自然文明の本拠地「フィオナの森」。
    世界樹が放出する膨大なエネルギーを全身に浴びてパワーアップしている自然文明の住人たちの姿が描かれている。
  • よく「インビブル・パワー」と読み間違えられる。「インビジブル」は「不可視な、隠れた」、「インビンシブル」は「無敵の、不屈の」という意味である。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

インビンシブル・パワー VR 自然文明 (13)
呪文
自分のマナゾーンにあるカードがすべて自然なら、唱えるコストを5少なくする。
このターンが終わるまで、バトルゾーンにある自分のクリーチャーのパワーはそれぞれ+12000し、「パワード・ブレイカー」と「自分よりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない」を与える。

TCG版より、大幅な強化を受けた。自分のマナゾーンのカードがすべて自然なら5コスト軽減されるようになり、パンプアップが12000に増量され、T・ブレイカーパワード・ブレイカーになり、チャンプブロックされない能力の付与が追加された。

パワー+12000されるので、パワード・ブレイカーは事実上T・ブレイカー以上の打点を持つことになる[1]

  • 多くの場合、テキスト内の「自分」はプレイヤーを指すが、「自分よりパワーの小さい」の「自分」はクリーチャーを指している。

サイクル [編集]

DM-06DMPP-06インビンシブル呪文サイクル。すべて13コストの豪快な効果を持つ呪文
イラストに描かれているのは各文明の本拠地。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-06
    数年に一度、世界樹は膨大なエナジーを放出する。それは、勇気と力を与える光の洪水だ。再生が終わり、戦いの時が来た。
  • DMPP-06
    聖獣王が残した膨大なエネルギーは、フィオナの森を活性化し続けていた。幾年の時を経て再生は終わり、戦いの時は来た。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] 相手の場に《古の羅漢バグレン》が複数存在する場合等にはWブレイカー以下となる事もありうる。