《ウイングアイ・モス》 [編集]

ウイングアイ・モス UC 自然文明 (5)
クリーチャー:ジャイアント・インセクト 3000
自分のターンのはじめにカードを1枚引く時、バトルゾーンにある自分の一番パワーの大きいクリーチャーが相手のどのクリーチャーよりも大きければ、もう1枚余分に引いてもよい。

DM-12で登場したジャイアント・インセクト
自然には珍しいドローエンジン。とはいえ相手任せなところがあるので使いにくい。

そもそもビートダウンならパワーで完全に上回ることは期待できないし、コントロールならを加えた方が早い。

自身のパワーも3000しかなく、同じ5コストに《ハッスル・キャッスル》があるのも向かい風。上手な居場所を見つけにくいクリーチャーである。

変わった能力なので、ジャイアント・インセクトファンデッキに差しておくと面白いかもしれない。

  • フレーバーテキストは聖拳編の背景ストーリーにおける5体の王について何かしらの秘密を匂わせるような記述がある。
    • ただし、次シリーズの転生編聖拳編の200年後の設定で、更にその次の不死鳥編は一万年後の時系列設定となっている。つまり、フレーバーテキストの示す1000年後に王の正体について明らかにされることはなかった。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-12
    王とは何か? その答えは千年後に明らかとなる。

収録セット [編集]

参考 [編集]