《ウソと(ぬす)みのエンターテイナー》 節を編集

ウソと盗みのエンターテイナー P 闇/火文明 (4)
クリーチャー:ヒューマノイド/ダークロード 4000
バトルゾーンに自分の他のクリーチャーがあれば、このクリーチャーは攻撃されない。
相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを破壊する。

月刊コロコロコミック2013年2月号付録として登場したヒューマノイド/ダークロード。同誌連載の「ウソツキ!ゴクオーくん」及び「怪盗ジョーカー」のコラボカードでもある。
ノーコストで場に出た相手クリーチャー破壊する能力を持つ。また、味方クリーチャーがいれば攻撃されない

《百発人形マグナム》《早撃人形マグナム》と同じく、サイキック・クリーチャーをはじめとした多くのコスト踏み倒しへのメタとなる。それらと比較した場合、自分には効果が及ばない点が強みで、自分だけ《大邪眼バルクライ王》などで一方的にコストを踏み倒すことができる。

攻撃されない能力はやや地味だが、殴り返しを受けないためアンタップキラータップキルに強い。他に数体クリーチャーがいれば、クリーチャーコントロールなどは頭を抱えることだろう。

比較対象は《早撃人形マグナム》か。そちらは単色スピードアタッカーを持ち、ビートダウンに向いたスペックとなっている。
対してこちらは安定したパワー攻撃されない能力で場持ちが良く、自分のコスト踏み倒しを規制しないことから、コントロールに向いている。赤黒の色基盤にもなるため、【5色フェアリー・ミラクル】などではこちらの方が重宝されることがある。デッキによって使い分けるべきだろう。

ルール 節を編集

環境において 節を編集

エピソード2環境では【ジャック・ヴァルディビート】《超電磁コスモ・セブ Λ》折衷型(いわゆる【ヴァルディΛ】におけるメタカードとして使われた。

エピソード3環境【シューゲイザーワンショット】のパーツとして需要が拡大し、最初のブレイクを果たす。当時としては【墓地ソース】【ヒラメキドレーン】【カイザー「刃鬼」】【獰猛ブラスター】に効果的であった。

双極篇環境に跋扈する《Dの牢閣 メメント守神宮》Dスイッチに対しては強固であり、タップされても条件を満たせば殴り返しを受けない。

ドラゴン・サーガ環境でも【カイザー「刃鬼」】に刺さるカードとして評価され、【ミステリー・キューブ】という有利な相手も生まれた。ただ、これらのデッキの場合は除去手段に事欠かないため、絶対的に有利なカードとまでは行かなかった。

革命ファイナル環境から双極篇環境にかけては【赤黒ドギラゴン剣】【5色ドギラゴン剣】で活躍。だが、超天篇になると《蒼き団長 ドギラゴン剣》はすでに殿堂入りを果たしており、GR召喚というこのカードが全く刺さらない新たなコスト踏み倒しが登場したため、評価が下がった。

流通について 節を編集

  • コスト踏み倒しメタとして有能だが、コロコロコミックに封入されて以来絶版状態が続いており入手は難しかった。
    • その後、革命編で新たに登場する侵略へのメタとして有効な為か、ローソンで販売されるコロコロコミック2015年6月号の限定付録として再録された。ナンバリングが全くおなじなので厳密には再販と言ったところだろうか。同じナンバリングにした理由としては、「マスターズ・クロニクル・デッキ」と同様に「革命編ブロック構築戦」で使えるカードプールを下手に増やしたくなかったことが挙げられる。
    • DMX-22でも再録された。TUBAKI HALSAME氏の新規イラストでは、元のイラストに描かれていた2人の風貌を模した正統派の人型クリーチャーになっており、優秀なカードでありながらデュエル・マスターズの世界観と合わないイラストに苦手意識を抱いていたプレイヤーも使いやすくなるだろう。ただしb枠の封入率の低いホイル枠としての収録であるため、入手難度は高いままである。

その他 節を編集

  • 初出のイラストには月刊・別冊コロコロコミック連載作品「ウソツキ!ゴクオーくん」主人公「ゴクオー」と月刊コロコロコミック連載作品「怪盗ジョーカー」主人公「ジョーカー」が描かれている。コロコロ連載作家による合作は非常に珍しい。

関連カード 節を編集

フレーバーテキスト 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集