《ウッカ・リザード》 [編集]

ウッカ・リザード C 火文明 (2)
クリーチャー:デューンゲッコー 2000
ガードマン

DMR-08で登場したデューンゲッコー

まさかの復活を果たしたデューンゲッコーであるが、標準的なバニラガードマンを持っただけという今更なスペック。中途半端に能力を持ってしまったためにバニラサポートすら受けられない。

一応赤単《凶戦士ブレイズ・クロー》等をパワー1500以下のクリーチャーからの殴り返しから守ることができるが、それくらいならば《炎舌実況DJ・ショー》等で攻撃に徹した方が有効なことも多い。

総じて微妙なスペックだが、他のデューンゲッコーは中途半端に重いため、それらに比べると【速攻】での有用性が一番高いのは間違いなくこのクリーチャー。その【速攻】においても、2コストは優秀なウィニーの激戦区であり、結局採用されることはない。それがまた悲しいところである。

  • このカードの存在意義はなんといってもデューンゲッコーであることだろう。この種族メルト・ウォリアーと命名ルールが被っているので、復活することはないと考えられていた。あまりの影の薄さによるネタ人気を公式が認知したのだろうか。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]