《エボリュート・クロック》 [編集]

エボリュート・クロック C 光文明 (1)
呪文
自分のターンの終わりに、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体アンタップする。それが進化クリーチャーであれば、カードを1枚引いてもよい。

DM-32で登場した呪文
《ライト・ディフェンス》が更に小粒になり、かわりに1ドローできる可能性を得た。

《ライト・ディフェンス》同様、アンタップ効果単体では運用が難しいので、一番のポイントはドローである。1コストで1ドローできる可能性がある時点で、コストパフォーマンスが非常に良好であるといえる。

ドロー条件は選んだ対象が進化クリーチャーであることだけなので、神化編で一気に増加した進化クリーチャーを使うデッキであれば普通に使うことができるだろう。《聖皇エール・マグナス》など、低コストでブロッカー持ちな進化クリーチャーだとアンタップ効果も生かせ、相性が良い。

  • 呪文を唱えた時点で対象を選び、それが進化クリーチャーならドローする。そして、対象がターン終了時までバトルゾーンにとどまっていれば、アンタップする。
    実際のカードのテキストでは逆の順序に誤解されやすいので注意。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-32
    時間は一方向にだけ進むわけではない。

収録セット [編集]

参考 [編集]