《エンペラー・マルコ》 [編集]

エンペラー・マルコ SR 水文明 (5)
進化クリーチャー:サイバーロード 6000
進化−自分のサイバーロード1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを3枚まで引いてもよい。
W・ブレイカー

DM-27で登場した進化サイバーロード

cip《トリプル・ブレイン》を内蔵した進化クリーチャーである。

バトルゾーンパワー6000のW・ブレイカーを残しつつ手札を3枚も補充する能力は十分に強力。後続にもつなげやすいビートダウン向きのスペックを誇り、登場以来重宝されてきた。

以前からある《アストラル・ネビューラ》と比較すると、種族の違いはあるが、マナコストが1軽い上にW・ブレイカーを持ち、パワーも高く、単純に強化されている。

進化元は同セットに収録された《クゥリャン》や、cipシールド交換を行う《エメラル》が有力。他には山札の上へのバウンスを行う《コーライル》、2マナウィニー《チェレンコ》《電磁封魔ロッキオ》《電磁王機ピッコリ・コイルンガー》ニンジャ・ストライクを持つ《斬隠テンサイ・ジャニット》などが揃っており、特に不自由しない。

使いやすく強力な能力を持ち、【マルコビート】なるデッキタイプを生み出すほどの活躍を見せていたが、DMR-03で強力な進化クリーチャーである《超電磁コスモ・セブ Λ》が登場。

進化元などの違いはあれど、あちらは《威牙の幻ハンゾウ》に引っかからず、複数回に渡りドローできる可能性があり、《青銅の鎧》や軽量サイキック・クリーチャーなどから手軽に進化できることも相まって、幅を利かせていたビートダウンではすっかり居場所を奪われてしまった。

cipで3枚ドローという点では殿堂解除された《アストラル・リーフ》の存在が痛く、インフレの波に飲まれてしまったクリーチャーである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-27
    肉体の時間を限界まで逆行させる事で、電脳の化身はあらゆる知識と強大な力を手に入れる。

収録セット [編集]

参考 [編集]