《エンペラー・マルコ》 [編集]

エンペラー・マルコ SR 水文明 (5)
進化クリーチャー:サイバーロード 6000
進化−自分のサイバーロード1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを3枚まで引いてもよい。
W・ブレイカー

DM-27で登場した進化サイバーロード

cip《トリプル・ブレイン》を内蔵した進化クリーチャーである。

バトルゾーンパワー6000のW・ブレイカーを残しつつ手札を3枚も補充する能力は十分に強力。後続にもつなげやすいビートダウン向きのスペックを誇り、登場以来重宝されてきた。

以前からある《アストラル・ネビューラ》と比較すると、種族の違いはあるが、マナコストが1軽い上にW・ブレイカーを持ち、パワーも高く、単純に強化されている。

進化元は同セットに収録された《クゥリャン》や、cipシールド交換を行う《エメラル》が有力。他には山札の上へのバウンスを行う《コーライル》、2マナウィニー《チェレンコ》《電磁封魔ロッキオ》《電磁王機ピッコリ・コイルンガー》ニンジャ・ストライクを持つ《斬隠テンサイ・ジャニット》などが揃っており、特に不自由しない。

登場当時はコントロールであれば5ターン目にそのゲーム中初めてのアクションを起こしても事故と呼ばれない低速環境であったため、ビートダウン要員の進化クリーチャーで5コストというのは寧ろ軽いぐらいであった。

使いやすく強力な能力を持ち、【マルコビート】なるデッキタイプを生み出すほどの活躍を見せていたが、DMR-03で強力な進化クリーチャーである《超電磁コスモ・セブ Λ》が登場。
進化元などの違いはあれど、あちらは《威牙の幻ハンゾウ》に引っかからず、複数回に渡りドローできる可能性があり、《青銅の鎧》や軽量サイキック・クリーチャーなどから手軽に進化できることも相まって、幅を利かせていたビートダウンではすっかり居場所を奪われてしまった。

cipで3枚ドローという点では殿堂解除された《アストラル・リーフ》の存在が痛く、インフレの波に飲まれてしまったクリーチャーである。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

エンペラー・マルコ SR 水文明 (5)
進化クリーチャー:サイバーロード 6000
進化−サイバーロード
バトルゾーンに出た時、カードを3枚引く。その後、自分の手札の枚数以下のコストを持つ相手のクリーチャー1体を手札に戻す。
W・ブレイカー

《マニフェスト <マルコ.Star>》から逆輸入したのか、cipでのバウンス効果を得た。
テンポアドバンテージを稼ぎながらビートダウンを進められるのは単純かつ強力。
自身の能力で手札は最低でも3枚あるため、3コスト以下はいつでもバウンスできる。

  • ゲームシステムの関係上、手札上限が10枚のためコスト11以上のクリーチャーはバウンス出来ない。
    また、バウンス対象は相手限定の強制効果である点にも注意したい。
  • 実装後、DMPP-09EX期までは環境において目立つ立ち位置にはなく、第5回BATTLE ARENAにおける【マルコビート】の使用率も3.2%と低かった。
    しかし同決勝トーナメントに2人が《マルコ》を使用するデッキで進出し、優勝したデッキも【マルコビート】であった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-27DMPP-09
    肉体の時間を限界まで逆行させる事で、電脳の化身はあらゆる知識と強大な力を手に入れる。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]