《エヴォ・ルピア》 [編集]

エヴォ・ルピア P 光/水/火文明 (4)
クリーチャー:ファイアー・バード 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。その後、このクリーチャーから進化できるコスト5以下のクリーチャーを1体、自分の手札からこの上に置いてもよい。

DMBD-15で登場した//ファイアー・バード

3色とはいえ、4コストでありながら、cipで1ドローと5コスト以下のクリーチャー進化できるのは破格。

進化クリーチャー」ではなく「進化できるクリーチャー」なので、NEOクリーチャーも置けてしまう。

真っ先に進化先として候補に挙がるのは、《蒼き団長 ドギラゴン剣》《蒼き守護神 ドギラゴン閃》のような大型に革命チェンジできる《凰翔竜機バルキリー・ルピア》《鳳翔竜騎ソウルピアレイジ》だろう。革命チェンジすれば進化先と共に手札に戻るので、次のターンも使い回すことができ、さらに手札も増える。進化先を《凰翔竜機バルキリー・ルピア》にすれば、毎ターン革命チェンジ先を確保しながら、さらに手札を増やしていけるため、まさにアドバンテージの塊と化してしまう。

自身も多色の6コスト以下のクリーチャーなので、《蒼き団長 ドギラゴン剣》《蒼き守護神 ドギラゴン閃》ファイナル革命先が務まる。出てすぐ進化できるので、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》ファイナル革命出す場合も攻撃のタイムラグを心配する必要がない。

他にも、入るデッキは異なるが《超電磁コスモ・セブ Λ》《ギガントウサギロボ・フューチャーX》なども進化先になれる。

環境において [編集]

DMBD-15期には初期型の【白青赤ドギラゴン閃】で実績を残したが、4コストでも比較的重めであり、デッキ自体全体的に《蒼き守護神 ドギラゴン閃》ファイナル革命で出さないと手札で持て余しがちな札、《チャラ・ルピア》ありきの札など、組み合わせ前提の札がかなり多いため、一瞬使われただけで廃れた。

しばらく活躍の機会が無かったが、DMRP-17期に【鬼羅.Star】で活躍。白青赤構築にする場合、これを採用したいがためにその配色に決めるという面がある。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

  • スター進化との相性には注目したい。コスト5以下のスター進化クリーチャーを気軽に着地させることができ、普通の進化クリーチャーとは違い、スター進化の除去耐性で少し場持ちが良いメリットも自然と活用できる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMBD-15
    戦士たちの戦いは進化し続け、新たな伝説を生み出していく。次の伝説の主となるのは……君かもしれない。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《エヴォ・ルピア》の「出た時」の能力で、《ギガントウサギロボ・フューチャーX》のようなNEOクリーチャーを上に置けますか?
A.はい、置けます。
引用元

Q.《エヴォ・ルピア》の「出た時」の能力で、《暗黒王デス・フェニックス》のような進化Vクリーチャーを上に置けますか?
A.適正な進化元バトルゾーンにある場合は置くことができます。
この場合、バトルゾーン進化元にできるドラゴン・ゾンビが1体いれば、それと《エヴォ・ルピア》の上に《暗黒王デス・フェニックス》を置くことができます。
引用元