《オビーディ・クワキリ》 [編集]

オビーディ・クワキリ C 自然文明 (5)
クリーチャー:ジャイアント・インセクト 2000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

DMRP-11で登場した自然ジャイアント・インセクト

《霊騎アウリエス》同型再販。種族を考慮しない場合、《さくらいおん》よりパワーが1000低く、《シェル・エイトレス》よりコストが1大きい下位互換
種族を活かそうとジャイアントとして採用する場合には《躍喰の超人》の存在が向かい風となる為、【超神機鎧冑ゼノメノン】などジャイアント・インセクトを活かすことができるデッキへの採用を考慮したい。

腐ってもマナブーストS・トリガー獣なので、シールド戦では他に枠を埋めるカードがない時の選択肢として考えよう。

  • 名前の元ネタは《レベリオン・クワキリ》。レベリオン(Rebellion)の「反乱」に対して、こちらはオビデント(Obedient)の「従順」となっている。

相互互換 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-11
    ハニーQでんでんお姫様の教育に追われていた。毎日授業を行っては宿題を出し、採点もした。それもこれもすべてはに立派なマスターになってもらうためだ。

収録セット [編集]

参考 [編集]