《カイザーウイング・ドラゴン》 [編集]

カイザーウイング・ドラゴン UC 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000
W・ブレイカー
ブレイク・ボーナス
BB−自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せる。そのカードがファイアー・バードでなければ、墓地に置く。そのカードがファイアー・バードであれば、バトルゾーンに出してもよい。

DM-33で登場したアーマード・ドラゴン

ブレイク・ボーナス山札の上ファイアー・バードコスト踏み倒しできる。

ブレイク・ボーナスゆえに、このカードも使いにくさが目立つ。
ファイアー・バードを大量採用したドラゴンデッキ、もしくはファイアー・バードを主力にしたデッキならば、平均1体ぐらいは呼び出せそうではあるが、ほとんどは軽いファイアー・バードを手間をかけてまで1〜2体呼べてもインパクトに欠ける。
ファイアー・バードの中でも巨大で、能力シナジーしている《翔竜提督ザークピッチ》あたりは狙い目か。

《ボルシャック・NEX》は出せる範囲こそ大きく劣るが、cipなので即効性があり、かつハズレがないため、そちらのほうが遥かに使い勝手が良い。
両方入れてデッキを組むこともできなくはなさそうだが…。

  • カイザーは"皇帝"であり、ウイングは"翼"。意味としては、"翼の皇帝"である。この場合の"翼"は、ファイアー・バードのことだろう。

収録セット [編集]

参考 [編集]