《カダブランプー》 [編集]

カダブランプー VR 火文明 (4)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 4000+
<キリフダッシュ>[火(2)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[火(2)]支払って召喚してもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体選び、アンタップする。そのターン、そのクリーチャーのパワーを+2000する。

DMRP-13で登場したジョーカーズ/チーム切札

キリフダッシュ2を持ち、cipクリーチャー1体を選んでアンタップとそのターン限定で+2000のパンプアップを行う。

主な使い方としては、キリフダッシュ召喚して攻撃した味方クリーチャーアンタップしてもう一度攻撃させるといった所だろう。使用感としては《二刀流トレーニング》に近いか。あちらと同じく、《刀の3号 カツえもん剣》と併用して最速2ターン目に《蒼き団長 ドギラゴン剣》に革命チェンジできる。
アンタップのついでにわずかながらパンプアップも行われるため殴り返しにも使える。
相手クリーチャーも選べるので、《ドンジャングルS7》などの可能であれば攻撃する能力を持つクリーチャーアンタップしたり、パワーが0より大きい時除去耐性を失う《零龍》に対して使ってみるのも面白い。
また攻撃ステップ中にアンタップできるため、タップトリガーを再度利用することや、S・トリガーによってフリーズされたクリーチャーを解凍することもできる。

種族がジョーカーズでありクリーチャーアンタップがアタックトリガーと好相性であることを考えると《無限合体 ダンダルダBB》との組み合わせも決して悪くない。【バーンメアジョーカーズ】にも採用され得るだろう。

環境において [編集]

オリジナルでは【赤青ドギラゴン閃】に入れて先置きした《水晶の記録 ゼノシャーク》スマッシュ・バースト回数を稼ぐという使い方がされる。また、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》などでの1ショットキルの際に、《龍装者 バルチュリス》使用宣言のために攻撃した《異端流し オニカマス》をアンタップして、アンタッチャブルダイレクトアタック要員を用意するという運用法もある。

DMRP-17期には【エタフェニ.鬼羅.Star】でも使われるようになった。

その他 [編集]

  • 名前の由来はユダヤ教などで使われる呪文の「アブラ・カダブラ」と「アラジンと魔法のランプ」だろう。
    • 前者は絵本や児童文学に用いられることが多い。しかし濁音が多いため「アブラ・カタブラ」など間違った読み取り方をされることもしばしば。
      その結果このクリーチャーの名前もそのまま間違えられる事態が、他クリーチャーよりも特に多発している。デッキリストに記入する際は注意。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]