《カルマ大司教(だいしきょう) ゾロスター》 [編集]

カルマ大司教 ゾロスター SR 光文明 (2)
クリーチャー:オラクル 3000
誰も超次元ゾーンまたは超GRから、クリーチャーをバトルゾーンに出せない。
相手はS能力を使えない。
相手のターン中にシールドが墓地または山札に置かれる時、かわりに持ち主の手札に加える。

DMEX-12で登場したオラクル

お互いに超次元ゾーン超GRからクリーチャーを出す事を禁止し、相手のみスーパー・ボーナスの使用を禁止する。
さらに相手のターン中にどちらかのシールド墓地山札に送られる時、かわりに手札に加えさせる能力を持つ。

1つ目の能力はクリーチャーのみが対象のため、ウエポンフォートレスは出すことができる。
そのため、ドラグハート主体のデッキになら、このクリーチャーをメタクリーチャーとして共存できるだろう。
セルサイキック・フィールドもメタの対象外だが、そもそもセルは単一ではバトルゾーンに存在できずサイキック・フィールドは直接出す方法がない。

2つ目のスーパー・ボーナス封じだが、あくまでも防ぐのはスーパー・ボーナスの部分だけであり、スーパー・S・トリガー自体は使える。
おまけ程度の能力と思っていいだろう。

3つ目の能力は、短い一文だがさまざまな影響がある。

前提として、S・トリガーは使えないと書かれていない「シールドを手札に加える」は、S・トリガーを使うことができる。

まず、相手ターンの《熱き侵略 レッドゾーンZ》《不敗のダイハード・リュウセイ》などのシールド焼却を、ただの擬似ブレイクにできる。山札への移動も対象なので《オールデリート》を使われてもS・トリガーなどの防御札に賭けることができる。ただし、置換効果は連鎖できないため、置換効果によるシールド焼却《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《Q.Q.QX.》など)には無力である。

また、自分のS・バック能力で出した《デュアルショック・ドラゴン》や、S・トリガーで唱えた《ボルカニック・アロー》シールド焼却デメリットを、これで緩和、または暴発に使うことができるようになる。

しかし、相手のシールドも対象なのはなかなか無視できないデメリットであり、逆にこの能力を利用される危険がある。先の《デュアルショック・ドラゴン》《ボルカニック・アロー》も、相手に使われると完全な利敵行為になってしまう。
それ以外にも、《暗黒鎧 ザロスト》《終焉の禁断 ドルマゲドンX》[1]のようなシールド焼却をコストにして使うカードや、《ヴァリアブル・ポーカー》《堕呪 ウキドゥ》のように山札とのシールド交換が手札補充になってしまうカードなどが一定数いるため、取り扱いには注意が必要。

ルール [編集]

  • 要塞化した城は、シールドではないため、このクリーチャーの置換効果の対象外。

裁定不明なルール [編集]

  • GR召喚を封じる効果ではない。《カルマ大司教 ゾロスター》がいる間、GR召喚する効果が発動したら、「GR召喚そのものが不発になる」のか「クリーチャーがバトルゾーンに出ないが『召喚』はした」扱いになるのかは裁定待ち。

    補足

    「クリーチャーがバトルゾーンに出せない」という状態では、「それそのものが関係している行為の宣言」すらすることができなくなる(601.1a)。
    例えば《ジェイ-SHOCKER》でコスト3が出せなくなっている状態では、コスト3の《光牙忍ハヤブサマル》は、メインステップの召喚宣言に加えニンジャ・ストライク宣言もできない。

    しかし、GR召喚の場合は、「クリーチャーを出す」宣言とは全く関係ない効果から召喚を行おうとする。
    具体的には、《カルマ大司教 ゾロスター》がいても、《KAMASE-BURN!》を唱えることはできる。その《KAMASE-BURN!》空撃ちになり墓地に置かれる。

    「効果が実現不可能なことを要求している場合、可能な部分だけを実行(606.2.)」するが、その《KAMASE-BURN!》は、「クリーチャーは出せないがGR召喚はした」扱いになるか、「GR召喚すらできなかった」扱いになるのか、ということ。

    (「召喚」と「バトルゾーンに出す」は区別される。また、「GRクリーチャーを出す」≠「GR召喚」であるという公式Q&Aもある。)

環境において [編集]

登場後は目立った活躍はない。
というのもDMEX-12後はGR召喚を多用しないデッキが増え、このカードが刺さり辛い環境となっている。
また、このカードの入りそうな白赤系統はGR召喚を得意とする配色であり、自分のGR召喚も封じるこのカードより環境に刺さるデッキが多い他のメタクリーチャーが優先されている。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-12
    カルマの力を真に極めた私が裏オラクルの教祖となり替わろう。 ― カルマ大司教 ゾロスター

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《カルマ大司教 ゾロスター》がバトルゾーンにいる状況でオレガ・オーラを使い、GR召喚することを選びました。処理はどうなりますか。
A.超GRの一番上を表向きにしますが、そのクリーチャーはバトルゾーンに出ることができないので超GRに留まります(裏向きに戻します)。また手札から使ったオレガ・オーラはそのまま手札に留まります。
引用元

Q.《カルマ大司教 ゾロスター》の3番目の能力で、シールドが墓地または山札に置かれるかわりに手札に加わる時、そのシールドが持つ「S・トリガー」は使えますか?
A.はい、使えます。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《カルマ大司教 ゾロスター》がいます。相手のターン中、表向きで自分のシールドゾーンに置かれた《凄惨なる牙 パラノーマル》がブレイクされる時、「シールド・ゴー」によりかわりに墓地に置かれますが、それを《カルマ大司教 ゾロスター》の能力で手札に加えることはできますか?
A.いいえ、「シールドゴー」の能力により、持ち主の墓地に置かれます。
置換効果は連鎖しないので、《カルマ大司教 ゾロスター》による置換効果を適用することはできません。
引用元


[1] 《ドルマゲドンX》のシールド焼却部分は置換効果に当たらない。